ピクシブ百科事典

真行寺可菜

しんぎょうじかな

【真行寺可菜】とは、雨宮淳作『ショッキングBOY』に登場するヒロインの一人。
目次[非表示]

概要


本名は「吉田可菜子」(真行寺可菜はモデルでの活動ネーム)。
集英モード学苑のファッションデザイン科に通う学生で、グラビアアイドルとしても活動している。
第4話にて登場。

家族構成は父、母、弟、祖母の五人構成。
現在は、集英モード学苑の学生寮で生活している。



【プロフィール】

身長172cm
体重54kg
3サイズB/100 W/57 H/98
血液型O型
誕生日3月8日
星座魚座
好きなもの女の子が着る服全般、ビール、ポテトチップ、ユリの花
苦手なものファッションに気を使わない人、日本酒(甘口な感じがして苦手)、巨乳じゃなくて爆乳と言われること
趣味バービー人形用の服製作
部活集英モード学苑 モデルクラブ


総合評価
プロポーション/99色気/99学力/75運動神経/70清純/60

プロフィールを見ての通りかなりの巨乳…を通り越して爆乳の域。172cmという高身長のせいもあるかもしれないが、現在の基準で計測すればJ~Lカップにも相当する。「巨乳じゃなくて爆乳と言われることが苦手」とあるが無理な話。
(意外にも、本作においてバスト100cmの大台に乗った初のヒロインでもある)
しかし作中で彼女の巨乳について言及されたり、拓也が彼女の巨乳に見とれたりすることは一度もない。
(それどころか可菜が拓也の後頭部に自分のバストを思い切り乗せても少々驚くだけだった)
※というより、倒れた自分を介抱してくれた相手が先ほど見た雑誌のグラビアアイドルだったことの方に驚いていた可能性が高い。

加えて、作中ヒロインの中では珍しく、最後まで一度も乳首を露出しなかった(ただし後述のマイクロビキニでは胸ポチを確認できる)。
主人公を気に入る年上の爆乳グラビアモデル』という、お色気漫画としてはかなり期待できるポジションだったのだが、出番が一話限りで終わってしまったことや、そのお色気シーンの乏しさも相まって、他の&と比べると影の薄い存在となってしまっている。
折角の100cmの爆乳も宝の持ち腐れとなった感が否めない。



作中での行動


拓也が本屋でグラビア雑誌を立ち読みした際、掲載されていた可菜のパンツの陰から【夢の女体】の証であるハートマークらしきものが僅かに見えていたのを確認する。
だが拓也は雑誌の会計中、肩の激痛が原因で気を失って倒れ、そこを可菜本人に介抱されることとなった。
可菜は自分のグラビアにみとれてくれる人を探していたらしく、拓也を自分のファン第一号として気に入り、後日自身の誕生日パーティーに招く。

誕生日パーティー当日、拓也を出迎えたのは、学園祭で使ったバニースーツに身を包んだ可菜だった。
更に可菜は有名雑誌の撮影の仕事が入ったことを伝え、拓也をラッキーボーイと称する。
可菜は次の撮影で使う衣装を拓也に見立ててもらうことになり、最初に赤いビキニ、次にちょっと動くと全部見えちゃいそう」と危惧するレベルのマイクロビキニを披露する(作者が描く乳輪の大きさを考慮すると本当にギリギリである)。
拓也は布面積の小ささを利用して【夢の女体】の証であるハートマークを確認するのだが…。

最後に可菜は本当にビキニかどうかを疑うレベルの過激なスリングショットを拓也に見せつけようとするが、当の本人は窓から逃げ出してしまっていた。
一人取り残された可菜は「高校生相手にちょっとやりすぎたかナ…」と反省するのであった。



関連タグ



ショッキングBOY

















































































































これより先、【夢の女体】であったか否かが記載されているため閲覧には注意されたし














































































































【夢の女体】ではなかった。 尻にあるハート型の痣が、不完全なものであった・・・

関連記事

親記事

ショッキングBOY しょっきんぐぼーい

兄弟記事

コメント