ピクシブ百科事典

相川由希

あいかわゆき

相川由希とは、雨宮淳作「ショッキングBOY」に登場するヒロインの一人。
目次[非表示]

概要


常夏学園に通う女生徒で高校二年生。  家族構成は父、母、姉の四人構成。 (姉は学校の寮に入っているため、現在は三人で暮らしている)



<
身長163cm
体重48kg
3サイズB/85 W/56 H/86
血液型A型
誕生日1月2日
星座山羊座
好きなものスポーツ全般(オリンピックの時は白熱する)、フランスパン
苦手なものスポーツをしない人
趣味スポーツ観戦(中でも野球が好きで、好きなチームがいる)
部活動常夏学園 女子テニス部



テニスの力量


大会のレギュラーメンバーに選出されるほどの力量を持っている。

スポーツが好きな性格も含めてか、最初は拓也がテニス部に入部した時は憤慨していた

曰く『いくら父が有名なテニス選手だったからといって、力量がない人には入って来てほしくない』というもの(拓也自身も小学生の時に一度テニスから離脱しているため 由希の言い分もわからんでもない)

入部テストとして部長の黒岩と試合をして勝利した時は、『軽率なことを言ってごめんなさい』と謝罪した が黒岩には『貴方は四年もブランクがあった人に敗北したのよ。 私、スポーツで敗北した人は嫌いなの!』と言い放つ。 (さっきまで黒岩に肩を持っていたのに 平気で手のひら返すなよ;;


その後、早乙女塾にて拓也からレクチャーを受けながら 彼と親密な関係になっていき


『彼氏彼女の仲から夫と妻の仲になりたい』と彼にプロポーズする


関連タグ


ショッキングBOY













































































これより先、彼女が【夢の女体であったか否か】が記載されているため閲覧には注意されたし









































































ハート型の痣が尻になかった。  実は、アンダースコートのゴムがタイトだったためハート型に被れただけだった・・・・

拓也は (ある意味)瞳のおかげ 一命を取り留めたのであった・・・


後日、黒岩と共にテニスの特訓に勤しむようになったのだが 瞳の危機を拓也に知らせ、瞳の救出に貢献するという活躍をみせた

pixivに投稿された作品 pixivで「相川由希」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68

コメント