ピクシブ百科事典

並木綾音

なみきあやね

並木綾音とは、雨宮淳作「ショッキングBOY」に登場するヒロインの一人。
目次[非表示]

概要


実家でもある並木総合病院で看護師をしている女性。23歳。
色々な意味で作中屈指の人気を誇るヒロインでもある(理由は後述)。
第12~13話に登場。

家族構成は父、母、兄の四人構成。
年下の男性が好みである。(基準があるらしく、5つくらい歳下なのがベストとのこと)
現在、インターンに出ている兄が病院を引き継ぐため、自身は看護師の道を進むことを選んだ。

テニス以外に水泳も嗜んでいるのか、拓也と出会う前に水着姿を披露している。

身長・体重・3サイズ等

身長や3サイズ等の正確な数値は不明(学校関係者ではないから仕方ないとはいえ、【夢の女体】候補にもかかわらず『美少女データベース』が出てこなかったのは桂木瞳を除けば彼女が初)。
だがナース服姿を披露したシーンの背景に『超Fカップ 爆乳ナースと書かれている。
(先に登場した折原碧も同じカップ数(バスト102cm)だが、連載当時と現在ではカップ数の定義はかなり異なる為、実際は4カップ程度上になる。また90年代前半はDカップ程度でも巨乳枠だった)
加えて拓也より長身だが、体重は49.5kg(自称)しかないらしい。(50kg)より僅かに軽い。
高身長で爆乳という点では真行寺可菜(バスト100cm)と似たスタイルとも言える。可菜のほうが体重が4kg以上も重い為に身長は可菜が高いと思われるものの、バストに関してはほぼ全ての登場コマで綾音のほうが大きく描かれている(初めて乳首を露出したシーンだけやけに小さく描かれているのは内緒)。

以上のことから推測される数値をまとめると…、

  • 身長170cm以上、体重49.5kg
  • バストサイズは101~102cm、現在の定義で言えばK~Lカップ(!)
 …と推測され、【夢の女体】候補の中でもトップクラスの爆乳の持ち主ということになる。
事実、ナース服は乳袋ができ、初登場時に着ていたテニスウェアもファスナーが閉まり切らずバストが上半分ハミ出していたほど。一緒にテニスに参加した他の女性陣と比べてみても一目瞭然。
流石に無印最終巻に待ち構えているこの人には及ばないだろうが、よくよく考えてみると相当デカい

そして作中では、拓也を相手にその自慢のオッパイをフル活用して存分に暴れ回り、読者の記憶に強烈に焼き付くことになるのだが…。

作中での行動

第12話

帰国した紫織に他の友人共々早乙女家に招かれ、テニスで拓也とダブルスを組むことになるが、綾音はテニスの経験がゼロだった為、拓也の左肩をラケットでフルスイングし、負傷させてしまう。
綾音は謝罪も兼ねて、拓也を実家でもある並木病院で時間外診療することになる。

だが綾音は「脈拍を診る」との建前で、拓也の背中にナース服越しの爆乳(ノーブラ)を押し付け、その後何の躊躇いも無くパン一姿に。
「正面から拓也の心臓を診る」と言い、今度はその爆乳拓也の顔に生で押し付けて窒息させかけた(しかも片乳のみ)
限界に近付いた拓也は何とか綾音のパンツをズラして引き離したが、その時綾音の尻にあるハートマークを見つける。
間もなくして綾音の父である院長が帰ってきた為、綾音は急いで身支度を済ませて事無きを得た。

第13話

前回あんなことをされた為か、拓也は「あの人だったらきっと頼めばエッチさせてくれるかも」と感じ、夢にまで出てくるようになった。
(夢の中で綾音は見開きでパン一姿&バストを持ち上げて揺らすように見せつけるポーズを取っていた。無理もないが)
後日の診療で綾音は、自分が年下好きな理由(後述)を拓也に打ち明け、「アタシのことをお姉さんだと思って何でも相談してくれていい」と話す。
そこで拓也は綾音にスカートをたくし上げさせて尻のハートマークを見せて貰うことになったが、より近くで見ようと近付いた際に躓いて綾音に思い切り覆い被さってしまい、興奮していることを見抜かれる。
綾音は「頭に血が上ったままじゃ午後の授業もまともに受けられない」と指摘し、拓也をリラックスさせようとするが…。
───なんと綾音は彼の目の前でいきなり爆乳を丸出しにしてみせた(!)
(この爆乳丸出しシーンは作者も気合が入ったのか丸々1ページ贅沢に使われているため、少年時代に読んで脳に焼き付いている読者も多いだろう)
更に綾音は、拓也を診る時だけわざわざノーブラになり、パンストを脱いでいることを明かしている。

流石に我慢できなくなった拓也は綾音に迫るが…。

その後、拓也のレントゲン写真を見て、【夢の女体】の呪いの進行によって左肩の骨が金属化していることを知り驚愕。
院長である父も「まさに奇病」と匙を投げたが、が治癒したことを受け、身を引いた。


…ここまでの説明で理解できたと思うが、綾音の人気の理由は、その過激過ぎるサービスシーンにある。
お色気要素が強い本作の中でも特に顕著であり、また本作の巨乳&爆乳キャラの中でもここまで自分のバストを武器にして拓也に迫ったキャラは他にいない。
現在セーフサーチ対象作品に指定されているのはほとんど彼女のせいではないかとすら思える。

年下の男の子が好きなのは、何故か?


綾音が小学校5年生の頃、並木総合病院に男の子が入院してきた時のこと。

完治するまで、勉強を教えてあげたり身の回りの世話をしていた

・・・が、男の子は夏期休校期間に入ったとほぼ同じくらいに この世を去った。

曰く『その男の子は、現在でも治療が難しい病にかかっていて 当時は父を恨んだ』とのこと

この出来事から【医学の道】と【看護師の道】を歩むようになった。


月日が経過した現在でも、その男の子のことを思い出したりするため 年下の男子は弟のように可愛がったりしているらしい。


関連タグ


ショッキングBOY



























































































































これより先、【夢の女体】であったか否かが記載されているため 閲覧には注意されたし






































































































【夢の女体】ではなかった。 尻にハート型の痣はあったが、自然とできたものではなく、ジンクスを信じて人工的に生み出されたものである。(所謂タトゥー)

関連記事

親記事

ショッキングBOY しょっきんぐぼーい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「並木綾音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2399

コメント