ピクシブ百科事典

私の男

わたしのおとこ

桜庭一樹の小説。
目次[非表示]

概要

桜庭一樹が2007年に出版した小説で、翌年直木賞を受賞。
父娘近親相姦を主題にした、暗くも切なく悲しい物語である。
2014年に映画化されたが、主人公の容姿や結末がかなり異なる。

あらすじ

北海道に住む花は、9歳の時に奥尻島を襲った地震(北海道南西沖地震)による津波で家族と家を一遍に失ってしまう。孤児になってしまった花は、母方の親戚と名乗る腐野淳吾に引き取られ、紋別で慎ましくも楽しい生活を始める。しかしその裏で花は淳吾から性的虐待を受けていたが、互いにとっては同意の上の行為だった。

やがて奇妙でどこか歪んだ二人の父娘関係は、周りの人達を巻き込んで思いもがけない事件に発展してしまう──・・・

登場人物紹介

  • 腐野花(くさりの はな)

本作の主人公。旧姓は「竹中」。津波で全てを失って孤児となり、話を聞いて駆けつけた淳吾に引き取られ「腐野」に変わる。少女時代から大人びた雰囲気を醸し出している。
映画版では分厚いメガネをかけている。

  • 腐野淳吾(くさりの じゅんご)
本作のもう一人の主人公。花の養父。若い頃は美形でそれなりにモテていた為に女の出入りが激しく、不良じみた連中ともつきあってケンカになったこともあり、一時期花の両親のもとへ居候していた事がある。花を引き取った時は紋別で海上保安官主計士をしており、彼女を残して数日家を空けることもあった。

  • 大塩小町(おおしお こまち)
腐野父娘が紋別に住んでいた頃の淳吾の後輩で元恋人。若い頃は銀行員として働く美人だった。
花を「得体の知れない娘」として気味悪がっている。

  • 大塩さん(おおしおさん)
北のほうで地元民に慕われていた老人。「親父さん」と呼ばれている。小町の祖父。
仕事とはいえ幼い花を残して家を空けがちな淳吾を心配する。

  • 田岡(たおか)
紋別警察署の刑事。頬に大きな黒子がある。昔大塩の世話になっていた一人。ある事件を境に、腐野父娘を追っている。

関連イラスト

お父さんからは夜の匂いがした
嵐が来るよ



関連タグ

桜庭一樹 父×娘 娘×父

pixivに投稿された作品 pixivで「私の男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4750

コメント