ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

CVは高垣彩陽


概要

アニメ第2シリーズ「アジアサーキット編」より登場する新キャラクター。

実は第1シリーズでも一瞬だが(雀ヶ森レンの幼少期の回想シーンの中で)登場していた。


第2シリーズの舞台である、アジアを巡るサーキット形式の

ヴァンガードファイト大会(「ヴァンガードファイトサーキット」)を運営している、

立凪財閥の当主である事が判明している以外は、一切が謎の人物。


ウルトラレアの後見人でもある。


ただ、67話では横に美人女性秘書をはべらせながらファイトの開催を宣言しているなど

かなりの横柄さが感じられる。


それより前の66話冒頭では櫂トシキとファイトしていたり、

先導アイチにルールを教わったりした。


その時のタクトは一見はヴァンガード初心者。だがアイチが使うロイヤルパラディン

シャドウパラディンに対して「まだそんなクランがあったんですね」と

言った。どう見てもしゅしゅしゅとは思えない。

ゆえに「腹黒ではないか」と噂されている。


その後、アイチのロイヤルパラディンデッキをゴールドパラディンデッキと

すり替えた。また、ファイト中はいきなり惑星クレイについて語りだしたりする

電波くんである。


                  「まだそんなクランがあったんですね


76話、80話ではアイチクリスレンをイメージ拉致した上に強制的にPSYクオリアに覚醒させる荒業を披露した。



とまあこのようにアジアサーキット編の重要人物としてクローズアップされているのだが、

彼が初登場した第66話の放送直後、ニコニコ生放送において額の文様をミントガムとネタにされてしまう。

公式でネタ扱いされた事で早くもミントガムネタが確立しており、

クソガキさんになぞらえて「クソガムさん」と呼ばれる事もしばしば。


以下ネタバレ注意















その正体は惑星クレイの関係者。クレイの争いを止めるべく地球にやってきた。クレイから何らかの干渉を受けていたらしく額の模様が消えた後と前では性格に差違が見られる。アトラス地球での協力者を得るためにウルトラレアを拉致し記憶を奪いアイドルにした。

当初はウルトラレアを駒にしか思っていなかったようだがのちに考えを改め、彼女達のために学校に通わせている。

リンクジョーカー編ではリンクジョーカーの意志に体を乗っ取られてしまう。

アイチがリンクジョーカーを倒したあとはリンクジョーカーの意志と共にクレイに帰っていった。


Gシリーズでは、本人こそ登場はしていないが、G4期において実兄と思われる立凪ノームが登場し、彼に代わって立凪家当主になったことが判明する。兄からは非常に能力が高く優しすぎたため、立凪家当主本来の使命である観測者としての役目に甘んずることができず、結果的により大きな混乱を世界に招いたと言われている。


関連タグ

カードファイト!!ヴァンガード まだそんなクランがあったんですね

先導アイチ 櫂トシキ 蒼龍レオン

関連記事

親記事

アジアサーキット編 あじあさーきっとへん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232469

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました