ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

PSYクオリア

さいくおりあ

カードファイト!!ヴァンガードの雀ヶ森レンと先導アイチ、伊吹コウジなどに生じた、カードの声が聞こえるという能力
目次 [非表示]

概要

カードの声を聞き、カードによる導きを得られる能力。

発現すれば、完璧なデッキ構築や最善のプレイングのイメージをカード自身が教えてくれるため、ファイトにおいてほぼ無敵と言える実力を持つようになる。

実例では、ファイトを行う前からフィニッシャーとなるカードを認識して、その通りにファイトを進めて勝利するといったものが確認されている。


但し、相手が自分を上回る完璧に負ける要素がないプレイングをした=何をどうやっても勝てない場合は、イメージ通りにいかないこともある。


アニメ版

レンとアイチ、伊吹が持つ特殊能力。さらにアジアサーキット編では、クリストファー・ロウ蒼龍レオンが加わっている。能力者に圧倒的な力を与える反面、人格の変化をもたらすなど危険なものとして描かれている。これについて櫂は「本当の強さではない」と漫画版同様に否定的。

当初のアイチには幻覚程度のものだったが、徐々に能力が開花し、完全に発動させた。アイチとレンが同調している描写もあるが、PSYクオリア自体のものかは不明。

その後アイチは櫂の説得に応じ能力の行使を自ら否定したが、能力そのものは封印していない状態。また、レンは過去に櫂の強さにあこがれる内にこの能力に目覚めてしまった。


イメージ力が強くなる上、自身のイメージを他人に共有させることも可能。

アニメのヴァンガードファイトはファイターのイメージの強さがファイトの強さに影響するため、PSYクオリアを使うということはそれだけで圧倒的有利を得ることにつながる。

だが、能力者はその強力さに溺れる傾向があり、自身の勝利のイメージを絶対視するあまりに他を見下すようになってしまう(カードゲームにおいて禁じ手ともいえる「未来予知」を疑似的に行うようなものであるため)。


しかし上記の通り、その「勝利のイメージ」はユニット側から伝達されたシミュレーションであり、絶対のものではない。

これに依存した闇落ち状態のファイターは戦術の全てを「勝利のイメージ」に依存し、自身のイメージを持たなくなるため、ファイトにおいてトリガー効果でしのがれる、相手のイメージに引き込まれるなどで「勝利のイメージ」から外れると全ての戦術が瓦解し、敗北が確定するリスクがある(上記の通りアニメ世界のファイトはファイターのイメージが強さに影響するため、闇落ち状態で「勝利のイメージ」を破られた場合、確固とした自身のイメージを持つ対戦相手に勝てなくなる)。


一方で正気に戻った後のレンや彼と交流したアイチは「PSYクオリアは絶対のものではない」と正しく理解しており、他の能力者と渡り合うためや、相手のイメージから自分を守るために使用している。


その本質はカードファイトのためのものではなく、惑星クレイにおいて住民では決められない事態が起きた時に、地球の先導者に導いてもらうために「先導者」候補とクレイをシンクロさせる能力である。

ユニットの声が聞こえる、最善のプレイングがわかるなどの能力は副産物であり、「先導者」とそのデッキが属するクランを因果的に結び付けたことによる影響。

アジアサーキット編でアイチはヴォイドによって力を暴走させられたクリスに、この力を「ユニットとファイターを結ぶ心の絆」と諭している。


続編であるヴァンガードGシリーズで、主人公・新導クロノが地球と惑星クレイを結ぶ道を開いたと言う事実が明らかとなり、視聴者の一部ではこれがレンやアイチ達がPSYクオリアに覚醒した遠因となったのでは?という推測が立てられた。


なおGシリーズ最終作である「Z」でカオスブレイカー・ドラゴンなどクレイ側に通じる者からアイチ=PSYクオリア能力者は「(惑星クレイの)祈り聞く者」と呼ばれている。

それによればPSYクオリアとは惑星クレイと地球、二つの世界を繋ぐ「運命力」と呼ばれる力を五感で直接感じ取れる能力であるらしい。


Gシリーズのラストでクロノとクロノ・ドランによってストライドゲートが閉じられ、運命力の繋がりも断ち切られたことで、PSYクオリアも消失したと思われる。


『ヴァンガード(2018))』


ショートアニメ「みにヴぁん」

本編とは違った番外編である「みにヴぁん」でもPSYクオリアは存在している。しかし、みにヴぁん自体はギャグストーリーなため、内容はユニットの愚痴を聞かされたり、パック購入時に使用したりとほのぼのとしたものが多い。ちなみに、アイチはパック購入時にPSYクオリアを使用してグレード3を引き当てている(PSYクオリアェ…)。店長のシンには、「パック買う時にPSYクオリア使うのは、止めてくださいよ…」と嘆かれた。


漫画版

アイチレン立凪タクト、そして伊吹コウジが保有する。こちらのアイチのPSYクオリアは、キョウとの初戦の際に発動した。また、アニメ版と違い、自発的に使用できるわけではなく、強敵との戦いの際に自動的に発動するようである。テツの見立てによれば、「決着のついた相手との間では発動の必要がないのかもしれない」とのこと。

また、漫画版第一期ラストでは、短い間だけもこの能力を会得。アイチとの最終決戦で使用した。

こちらのPSYクオリアはユニットとの結びつきで覚醒する物のようで、二つの世界を見守る側であるタクトから惑星クレイと地球の運命力を乱しかねない力として警戒されている。



関連項目

先導アイチ 伊吹コウジ 雀ヶ森レン クリストファー・ロウ 蒼龍レオン

闇アイチ カードファイト!!ヴァンガード

関連記事

親記事

カードファイト!!ヴァンガードの複数人物などのタグ一覧 かーどふぁいとゔぁんがーどふくすうじんぶつなどのたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 211104

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました