ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

星輝兵カオスブレイカー・ドラゴン

すたあべいだーかおすぶれいかーどらごん

星輝兵カオスブレイカー・ドラゴンとは、「カードファイト!!ヴァンガード」の登場ユニット(カード)の名前である。
目次 [非表示]

「呪われし刃で全てを切り裂き、世界を死の闇で覆い尽くせ! ブレイクライド! 星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン!」

「聖も邪も粉砕せし雄叫び。光も闇も切り裂く牙。すべてがひれ伏す絶対竜! ブレイクライド! 星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン!」

概要

ブースターパック第13弾『絶禍繚乱』で登場した。グレード3のリンクジョーカーのユニットである。

デザイナーはDaisuke Izuka氏。なおこのイラストは本人自ら書かれたものである。

リンクジョーカーの禍々しいデザインは相変わらず使用者の風格が感じられる。


ユニット設定


侵略者“リンクジョーカー”の先兵「星輝兵」にして、主にズー、メガラニカ侵略の指揮を取る指揮官。 他者を絶望させ堕とす事を至上の喜びとする歪な精神の持ち主であり、受け持ちでは無い他国の戦士もその手にかけている。 敵味方問わず甘言を弄して欺く為、他の指揮官からは「道化」と呼ばれ嫌悪されているが、如何な作戦においても必ず大きな成果を上げる為、本隊からの評価が非常に高い。 心は何者の干渉も受け無ければ絶望にも希望にも属さない。 なればこそ、ただ絶望を与えるよりも一欠片の希望を見せてから堕とした方がより効果的なのだ。 彼は唄う様に紡ぐ、「希望は存在する、だがお前に救いが訪れる事はない」と。 希望を与え、絶望に堕とし、希望を見せ、其れを砕く。 強い意志を宿す者達の目から光が消えるその瞬間、混沌の道化は口角を吊り上げ心からの笑みを浮かべる。


数百年前、惑星クレイで起きた異星からの侵略事件「星輝大戦(インベイション・グレートウォー)」。その侵略者“リンクジョーカー”の先兵「星輝兵(スターベイダー)」前線指揮官の1人が、この「カオスブレイカー・ドラゴン」である。異質な力「呪縛(ロック)」、「Я(リバース)」を打ち破ったクレイの戦士たちに敗れ、手を引いたかに見えた“リンクジョーカー”。しかしそうではなかった。「星輝兵」の残党は、クレイが観測できる宇宙に漂い、機会を窺っていたのである。そして、唯一生存した指揮官として残党を束ねていたカオスブレイカーは、どこからかプロジェクト「時空間憑依(ディファレントワールド・ライド)」の存在を知る。「いいことを思いついた」とでも言いたそうな顔で、彼は数百年前と同じように口角を上げた。「メサイア」の加護が無ければ惑星「E」への転送はできない。だが、彼を知る者なら誰もが口を揃えて言うだろう。「それでも、奴ならやりかねない」と。


テキストフレーバー

「予告しておこう。 お前は、自ら呪縛(ロック)を請い願う。」(絶禍繚乱RRR収録)

「人の心を折るのは簡単だ。 まず「希望」を与え、それを打ち砕けばよい。」(同上SP収録)

「フヒャハハハ!最高に無様で愉快な結末だ!」(混沌と救世の輪舞曲収録)

「これが祝福(ギフト)か。素晴らしい希望(おもちゃ)じゃないか。」(クランセレクションVOL.1収録)

能力

ソウルブラスト(指定:星輝兵)1枚で発動するリミットブレイク。(LB4)

相手エンドフェイズ、呪縛(ロック)されたリアガードが解呪(アンロック)された(元に戻った)時、そのリアガードを退却させ、自分はカードを1枚ドローする。

星輝兵インフィニット・ゼロ・ドラゴンからブレイクライドすれば2体のリアガードを呪縛できるので相性が良い。

また、自らコストで呪縛を行う"Я"ユニットに対して大きな圧力をかけられる。

更にはリアガードにリミットブレイク解除のユニット「日食の星輝兵チャコール」がいればいきなり能力を使うことができる。


カウンターブラスト1点&手札の「星輝兵」1枚をドロップすることで、相手リアガードを1体呪縛する能力。

前述のリミットブレイクと合わせればかなり大きな相手への牽制となる。


自身と同じクランに属さないユニットが存在すると攻撃できない「盟主」能力。

呪縛を決めるため、リンクジョーカーでの単クラン構築になるので、関係ないだろう。









ーーそして2021年、“奴”は帰ってきた。

同年1月に発売された「クランセレクションプラスVol.1」にて、スタンダード(発売当時、現在はVスタンダード)に満を持して参戦。

パワーはVシリーズのグレード3に合わせて13000となる。

ギフトアイコンは無い。


能力1

自分のターンに、相手の呪縛カードがあれば、パワー+10000される永続能力。

ヴァンガード時だけでなく、リアガード時も有効なので、積極的に呪縛カードを置いておきたい。


能力2

ヴァンガード時、カウンターブラスト1を支払うことで、相手にイマジナリーギフト・フォースを与えながら、相手のリアガードを1枚呪縛する起動能力。(ターンに1回しか使えない)

フォースを相手に与えるという部分だけを見ると、デメリットがあるようにしか見えないが、特筆すべき点は後述する能力とのコンボ。また、同パックに収録された「両断の星輝兵 ジルコニウム」とも相性がいい。


能力3

ヴァンガード時に、相手の呪縛カードが解呪された時、ソウルブラスト1を支払うことで、そのユニットを退却させつつ1枚ドローし、場のマーカーと手札のプロテクトを合計2枚まで除外し、その数だけイマジナリーギフト・フォースを得る自動能力。

順当にこのカードを使用していると、何もしなければ解呪されて、次のターンの行動に使われてしまう。

それすら許さないのがこの能力である。

解呪さえされれば、手段は問わないかつエンドフェイズでなくても良いので、解呪を駆使して戦う「メサイア」デッキに対し打撃を与えられる。さらに、相手のギフトを無理やり強奪するかのように自分のものにできる。ギフトを多く得るデッキだとこの能力は十分な痛手となりうるだろう。なお、この能力にはターンに1回という制限はないので、バンバン使ってやろう。





アニメでの概要

無印第3期では櫂トシキの使用するユニットとして猛威を振るった。

ファイトでの登場回数は三和戦、そしてアイチ戦と少ないが、両者を徹底的な呪縛戦術のフィニッシャーとして登場している。さらにタクトとのファイト中に開いたクレイと繋がるゲートから実体として現れ、アイチ達を驚愕させる。

しかし、何もする事無くゲートの前から不動だった挙句、タクトの敗北の直後に真っ先に霧散し退場。

続く4期では暴走状態のアイチのユニットととして登場するも数カットのみ、惑星クレイ側の状況を描いたクレイ物語でも、最高傑作であった星輝兵”Ω”グレンディオスの敗北によって終結した星輝大戦で消息を絶ち、星輝兵本隊にこっそり開発したサイバーゴーレムの提供はすれど姿を現さず、長く不穏な沈黙を保っていた。




















星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン


『お前・・・可愛いなぁ・・・。』

・・・が数年後…奴は弾けた。


ヴァンガードGNEXTで登場したファイター星崎ノアが、鬼丸カズミにディフライドした忍竜シラヌイによってカオスブレイカードラゴンを強制ディフライドされてしまう。

カオスブレイカーはノアの振りをしつつ新導クロノとファイトするが敗北、直後アラタとマコトに辛辣な言葉を吐き姿を消す。しばらくは海外を周りながら櫂達の追跡を振り切り、極秘に日本に帰国し新たな手駒として神崎ユウイチロウにクラレットソード・ドラゴン・リヴォルトを強制ディフライドさせようとする。が、常人離れした神崎の精神力により失敗、駆けつけた伊吹に興味を示しその場を去る。


続くヴァンガードGZで破壊の竜神ギーゼの使徒として登場。クロノの前に姿を現し、ノアを取り戻そうと奮起する彼に自分の声でノアが意識を取り戻す幻影を見せ、ファイトで優位に立つと同時にその事実を叩き付けた。まさに希望を与えてそれによって絶望へと突き落すという、悪逆の道化師としての冷酷さを見せつける。

自分に負けたクロノを魂の牢獄レリクスへ落とし、クロノを助けようとしたツネトが落ちたのを見て、「ゴミが混じったか」と吐き捨てて立ち去った。


その後も羽島リンを負かしレリクスに落とす、続けて早尾アンリもレリクス行きにしようとする(こちらは雀ヶ森レンが助太刀に入ったため未遂)など暗躍を続ける。

レリクス崩壊後はメガコロニーの二人組の怒りを買って追われており、使徒としての活動は休止している。その代わり、わざとノアの意識を一旦解放し、ノアを追ってきたチーム新ニッポンの二人に会わせて絶望を味合わせようとするという悪趣味なイタズラを試みている。

この策によって、結果的にグレドーラとカムイが鉢合わせてファイトをし、グレドーラが負けてクレイに送り返されるということになって得をしたのだが、肝心のチーム新ニッポンの二人を絶望に落とすことには失敗。ディフライド後初めての不機嫌な表情を見せた。


その後、グレドーラとガスティールの敗北によって後がなくなった使徒に合流。

ギーゼの器の第一候補であるクロノを誘き出すべく、東海林カズマ明日川タイヨウに狙いを定める。

その途中で、カズマもまたギーゼの器たりうるという事実が発覚するのだが、完全に予想外だったにもかかわらず、カオスブレイカーは満面の笑みでファイトを続行。最後まで希望を捨てずにファイトしようとするカズマをゼロスドラゴンの力でねじ伏せ、ギーゼによるディフライドを完遂させた。

その直後、ギーゼとなったカズマはクロノとファイトすることになり、クロノが伊吹から預かったゼロスドラゴン・ダストの力で押される展開となるが、この時も焦る他の2人とは違い、終始愉しそうな笑みを浮かべていた。

結局「自分が愉しければ何でもアリ」ということか。ここまで来ると流石と言う他ない。


しかもこの一件にはとんでもない裏話がある。

カオスブレイカーは、確かに自分自身はディフライダーとして地球に来ていたものの、長年の研究の結果生み出した自身の完全なクローン体を複数クレイに残し、本体である自分をデコイにすることでそちらを隠蔽しきったのである。


カオスブレイカー本人が使徒として活動している間に覚醒したクローン体は、クロノに敗れクレイに送還されて来ていたガスティールを襲撃し、その力の一部をコピーすることでギーゼ復活計画の主導権を掌握。

既にレリクスにとらわれていた「闇に囚われし竜 ルアード」を器に使い、ギーゼを利用すべく計画を再開させた。これが運命の修正力により地球に連動した結果、ルアードの先導者であるカズマがギーゼの器になってしまった……という話である。


ともあれ、ギーゼは最終的にクロノを下し、ダストを回収したが、まだ完全復活には程遠い状態だった。

一時の潜伏期間の後、ヴァレオスとは別行動をとり、カオスブレイカーはギーゼやダークフェイスと共にヴァンガード普及協会北米支部を急襲する。

ゼロスドラゴン2枚を封じこめた支部の中心にギーゼを行かせるため、カオスブレイカーは囮役を引き受けるが、ここに至っても彼の真の狙いは別のところにあった。

北米支部に来ていた櫂とアイチを引きつけると、2人にわざと包囲され、その上で亜空間を生じさせて2人をその中へと引きずりこむ。そして2対1でのファイトを申し込んだ。

カオスブレイカーが望んでいたのは、因縁の相手である櫂とアイチとファイトをして負かし、魂の牢獄改め虚無の要塞レリクスの生贄にすることだったのだ。


「心のままに謳うがよい! 希望を! 未来を! 夢と愛を! 我はそれを刈り取る者。世界の全てが滅びを拒み、未来を求めるのなら、我はその全てを砕き、滅びを撒こう……」

「破壊の竜神よ! 宿願はまもなく叶うぞ! 嬉しいか? ならば、いずれ我が、その喜びも刈り取ろう!!」

「全ては我が玩具よ。全ては我が掌の上で、希望を求めて踊り続けろ!!」


櫂とアイチの忌まわしい過去を思い出させるという精神攻撃を行いながら、2対1というハンデをものともしないファイトを展開するカオスブレイカー。

だがその過去さえも新しい絆を結ぶきっかけに変えてきた2人にはカオスブレイカーの猛攻も一歩及ばず、さらに櫂とアイチの言葉に触発されたノアの意識が抵抗を始め、徐々にカオスブレイカーは追いこまれていく。そしてアイチがコールしたブラスター・ブレード・エクシードによってとどめを刺される。

カオスブレイカーはノアの中から追い出され、ノアは新ニッポンの2人のもとへ戻り、めでたしめでたし……とさせてはくれないのが、この諦めの悪い道化師である。


カオスブレイカー「実に素晴らしいなぁ…友愛に涙…勝利に安堵し、未来を掴んだ確信、希望……」

「この全てを打ち砕く手立てが、まだ我にはある!! なんたる悦楽ぞ……!!」

アイチ「あなたの負けです、カオスブレイカー!」

櫂「何をほざこうが、ディフライドが解け霊体となったお前には、何もできない!


アイチと櫂の言う通り、クレイのユニットは極めて特殊な手段を用いない限り、ユニットとしての実体を地球に顕現させることはできない。ディフライドという形でファイターを乗っ取るのがその解決策だったが、それが解けた以上、ファイトを始めてクレイに降り立ったファイターと同じく、地球におけるユニットは無力な霊体に過ぎず、ライドしていない限りそこに留まることはできない。

だがカオスブレイカーは、嘲りの言葉を放ちつつ、なおも余裕を崩さない。


「本当に可愛いなぁ、お前たちは……。この時空での遊戯にもそろそろ飽きた。我をここまで楽しませてくれたお前たちに、心づくしの絶望を!!」

我が魂を受け取り起動せよ! 虚無の要塞レリクス!!

「ギーゼよ、おもちゃをくれてやろう! あとは好きに遊ぶがよい!」


彼が最後に取ったのは、全ての状況をひっくり返す最悪の一手。

確かにディフライドが解けた今、カオスブレイカーは無力な霊体となり、何もできない。

同様に、霊体となったユニットに対しては、地球のファイターたちは何もできない。


これを逆手に取ったカオスブレイカーは、地球に打ち込まれていた楔を亜空間に呼び寄せ、そこに自身の魂を生け贄として取り込ませることで、序盤でクロノたちにより止められたレリクスを強制的に再起動させたのである。


ディフライドが解け霊体となった我に、お前たちは何もできぬ!

「そう、その顔よ! 最後までお前たちは、我が掌の上!!」


命が消えていく、その末期の光景とは到底思えぬまがまがしい輝きと、狂喜の嘲笑。

見事に裏をかかれたファイターたちの愕然とする様子に、大いに溜飲を下げながらカオスブレイカーは消滅。最後の最後までやりたい放題を貫いた挙句、稀代の道化師はようやく舞台を降りたのであった。


「“祈り聞く者”……二つの世界を繋ぐ運命力をその五感で直接感じ取れる存在。フッ……その瞳にこれから映し出されるのは、希望か絶望か……フフフ……ハッハッハッハ……!」



ちなみにクレイ側で行動していたクローン体はこれに前後してアルトマイル、アーシャの両名と激突。

亜空間内部での対決の最中、自身の未来の可能性を淘汰する外道の術「超越蟲毒(ストライド・カース)」を使用しカオスブレイカー・デリュージとカオスブレイカー・クライシスに変貌。


聖剣フィデスを操るアルトマイルに追い詰められ、トドメを貰う間際、この「生き残った最強の可能性」を重ね、その力を己が取り込む「超越氾濫(ストライド・デリュージ)」を経て「滅星輝兵 カオスブレイカー・デリュージ」へと進化を果たした。


しかし、この異変を察知して駆け付けたブラスター・ブレードとドラゴニック・オーバーロードが割って入り、別空間に隔離。

因縁のコンビを相手に死闘を繰り広げたカオスブレイカーだが、最終的に手足のほとんどを失う大ダメージを受けて敗北、ルアードの体を掌握したギーゼにエネルギーとして取り込まれ消滅した。




関連タグ

カードファイト!ヴァンガード リンクジョーカー

関連記事

親記事

リンクジョーカー りんくじょーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111828

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました