ピクシブ百科事典

リンクジョーカー

りんくじょーかー

リンクジョーカーとは、TCG「カードファイト!!ヴァンガード」に登場するクランの一つである。
目次[非表示]

概要

TCG『カードファイト!!ヴァンガード』に登場するクラン。初出は《リンクジョーカー》FVプレゼントキャンペーンのスターゲート所属のクラン。トライアルデッキ『侵略の星輝兵(スターベイダー)』にて本格始動した。

新能力“呪縛(ロック)”により、相手の行動を封じる戦法を得意とする。また、呪縛(ロック)されたユニットに応じてパワーアップするユニットも多い。

呪縛(ロック)そのものが凶悪な効果であり、前列のグレード2のリアガードを呪縛されてしまうと、相手はインターセプトを封じられるために手札を使わなければならず、さらには“相手のカードが呪縛されるたびに攻撃力が上がる”系統の能力を持つカードがいれば、防御により多くの手札を使わなければならないため、解呪(アンロック)がなければ総じて非常に戦いにくい相手であると言える。

キーワード能力は「呪縛(ロック)」「解呪(アンロック)」「デリート」。

公式設定(公式サイトから流用)


謎の勢力「虚無(ヴォイド)」の化身にして、を封印し解放戦争の発端となった存在。
この際の実行犯は、『シュヴァルツシルト・ドラゴン』である。

解放戦争中には大都市圏まで迫ったが、怪獣と手を組んだディメンジョンポリスにより撃退されている。

解放戦争後は、三英雄の封印が解かれたことから惑星クレイを危険視し惑星そのものの侵略を開始、手始めとしてスターゲートの領土の半分を掌握、三英雄の生体データを得て解析が進んでいるユナイデット・サンクチュアリドラゴンエンパイアと、その隣国のダークゾーンを次なる標的としている。

リンクジョーカーに属するユニットは他星の歪められた存在で構成されているようだが、抹消者ボーイングセイバー・ドラゴン"Я"(リバース)のようにクレイのユニットが歪められた者もいる(ただしリンクジョーカーに現在それらのユニットはいない)。

判明しているリンクジョーカーと歪められたユニットたちのカードにはすべて、赤と黒のリングが描かれている。

属するユニットはその全てが機械的かつ無機質な外見で、白を基調とした黒い外殻に赤黒いラインが走っているという共通したデザインをしている。

ユニットのネーミングは科学(特に元素や宇宙関係、論理)や不吉な単語が大半を占める。

アニメでは

無印(1期~4期)

自身の名を冠した第3期、『リンクジョーカー編』においてリンクジョーカーの力を与えられた櫂トシキをはじめとした『Я(リバース)ファイター』が使用する。なお、リバースファイターの中には石田ナオキ(アイチとのファイトで解除)のように、自身の使用しているクランのデッキにそのまま『Яユニット』を入れているだけ、といった例もある。

演出で赤黒いオーラとリングが強調され、特にリングはリバースファイター陣営の支配下にある建物上空に陣取ったり、ロック時にユニットを縦横に囲むなど印象的に使われているため、「リンジョーカー編」だと誤認している人もちらほら居る程。

3期の終盤でヴォイドの代理人と化した立凪タクトの敗北と共に消滅したと思われたが、続く第4期で先導アイチにシードと呼ばれるモノを寄生させ、それに気づいたアイチが復活を防ぐために自らを封印することを決意する。それが第4期レギオンメイト編の物語の始まりである。
4期ではシードを打ち込まれた先導アイチ、アイチの負担を肩代わりしていたコーリン、出所は不明だがシード奪取を目論んだラウル・セラがこのクランを使用している。
アイチの封印場所である聖域・月の宮の決戦において、シードはブラスター・ブレードの剣により櫂達メイト組、裏切ったセラを除くカトルナイツとコーリン、雀ヶ森レンと蒼龍レオンの中立組、そして地球の「寛容と覚悟を持った」ファイターに分けられる形で力を失った。
ブラスター・ブレード曰く寛容と覚悟を持ったファイターたちにシードが更に分割されることによりリンクジョーカーは惑星クレイの一クランとなるらしい。

劇場版では櫂と三和の幼馴染である伊吹コウジが「根絶者(デリーター)」デッキの使い手として登場。
ファイトで勝った相手のクランを根絶するという、リバースとは別の意味で厄介な力を使い猛威を振るったが、アイチと櫂のタッグの前に敗れ、リンクジョーカーの呪縛から解放された。

Gシリーズ(5期~9期)

伊吹が主要人物として続投。「根絶者」を捨てつつも、同じリンクジョーカーに属する「メサイア」デッキを使っている。彼のデッキを模した始めようセット『宿星の救世竜』も発売された。
「メサイア」はリンクジョーカーに属しながらも、侵略者であるリンクジョーカーに対抗せんとした「ハーモニクス・メサイア」の力を宿すデッキであり、呪縛要素はあまり強くない。むしろ解呪(アンロック)を極めそれに対してのアドバンテージを高めている。
呪縛ユニットはスタンドしているためバトルフェイズに解呪しておけば連続攻撃も不可能ではない。

「惑星クレイの一クランとなる」というブラスター・ブレードの言葉通り、完全にヴァンガードというゲームに溶けこんでおり、伊吹以外の一般市民もリンクジョーカーを使っている描写がある。
もはや侵略者というイメージは完全に薄れたが、それでもクロノに先導者として立ちはだかる伊吹や、強敵チーム「ディマイズ」の先鋒が使用するなど、「主人公に立ちはだかる強力なクラン」という立ち位置は実はあまり変わっていない。

そして8・9期ではあの強者がまさかの復活を遂げることとなった。

漫画版

こちらでも伊吹が「根絶者」を使用。ただし、時期的には劇場版よりもこちらの方が早い上に、長期にわたって敵として暗躍する関係上デッキの特性もしっかりと描かれている。
主な特徴はヴァンガードを無力化させる『デリート』とドロップゾーンのカードを消し去る『バニッシュデリート』。またこれらの能力を使用した暁に特殊勝利という他のクランにはない効果の持ち主がいる。

関連タグ

カードファイト!!ヴァンガード 櫂トシキ リンクジョーカー編
リバースファイター
ノヴァグラップラー ディメンジョンポリス エトランジェ

pixivに投稿された作品 pixivで「リンクジョーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 578036

コメント