ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

惑星クレイ

わくせいくれい

惑星クレイとは、アニメ及びカードゲーム『カードファイト!!ヴァンガード』に登場する謎多き惑星。
目次 [非表示]

惑星クレイ

地球と似た形の惑星。神や悪魔、ドラゴンや妖精の存在が忘れ去られず、魔法と科学が共に研究され、技術として確立された世界である。独自の文明を発達させた国家が、各大陸を支配している。

(公式サイトより)


カードゲームの世界観としての惑星クレイ

アニメ一期中盤までは、惑星クレイはあくまでカードゲーム内の世界観という扱いであった。

櫂トシキはヴァンガードを理解しやすくするために、自分の霊体を惑星クレイに送るというイメージを説明するのに使用している。


※ここから先はアニメ1期のネタバレを含むので注意







































現実世界とクレイのシンクロ

PSYクオリア編においてレッカの体を借りた謎の存在によれば、惑星クレイは単なるヴァンガードの背景設定ではなく、地球とは別の銀河に実在する惑星である。


アイチたちのいる地球=惑星「E」におけるカードファイトは、クレイにおける各クランの動向と密接にリンクしている。具体的には以下。

  • 惑星クレイの運命は「先導者」がもたらす。
  • PSYクオリアを持つ二人のファイターが、力を発動させることで初めて「先導者」としての資格を持つ。
  • 「先導者」は「祈り聞く者」とも呼ばれ、自身のデッキが属するクランの行く先を文字通り導く存在。
  • PSYクオリアの真の意味は、「先導者」とクランを繋ぐために発現される力であり、地球とクレイを繋ぐ「運命力」を読み取るための能力。ユニットの声が聞こえる、最適なプレイングがわかるなどの恩恵はこの副産物。
  • 過去にも同じような事があり、その都度先導者がクレイの世界を導いてきた。

つまり、「先導者」たちがカードファイトを行えば、彼らの操るデッキが属するクランがクレイにおいても争い、ファイトの勝敗がそのままクランの争いの結果となるのである。

上記したロイヤルパラディンとシャドウパラディンの対立はそれぞれの「先導者」として見出されたアイチとレンの対立という形で反映され、最終的にアイチが勝利したことで彼のクランであるロイヤルパラディンが対立に勝利するという形で描かれている(加えてオーバーロードの動向も、櫂がアイチと出会い、レンを止めるためにファイトを挑むという形で反映されている)。


逆に、クラン側の立ち位置や状況が地球における各クランデッキに影響することもある。

例えば、ユナイテッドサンクチュアリにおいて秘された部隊であるシャドウパラディンは、「先導者」であるレンが大会に出てくるまで一般にはほとんど知られておらず、ギアクロニクル(および、未来の可能性を引き寄せる「超越」の技術)も「先導者」に選ばれたクロノが記憶を封印されたことで、存在自体がクレイから一時的に消されてしまっていた(歴史的にはギアクロニクルが出現した時点で過去改変が発生しており、クロノの記憶封印に伴いそれが一時修正されていた)。


さらに、クレイにおいて「虚無」の干渉によりブラスター・ブレード、ブラスター・ダーク、ドラゴニック・オーバーロードが封印された結果、それぞれを分身とする「先導者」達との関係が断絶され、シャドウパラディンとかげろうはクラン自体の存在が消され、ロイヤルパラディンは「使い手のいない伝説のクラン」と扱われる事態に陥っていた(クレイ側では三英雄の捜索のためゴールドパラディンが組織され、連動してアイチとレンの手にはゴールドパラディンデッキがもたらされている)。


そしてヴァンガードGでも思わぬところでリンクすることがあることが判明。詳細はリンク先を参考。


なお、魔法の有無を除けば環境に違いはないため、双方の住人がお互いの星に降り立っても問題なく生存できる。しかし距離が離れすぎているため、地球人側のイメージを道しるべにユニット側が話しかける、ディフライドで憑依するなどの方法で意思疎通しなければならない。

地球人側がクレイに降り立つには場所・方法とも特殊なものを用いねばならず、事故で飛ばされたライブや、「降臨の地」から一時的に降り立ったトライスリー、無神紀に混乱するダークゾーンを再統一した「一人の英雄」など、主にクロノの関係者が到達しているに留まる。



惑星クレイの歴史

以下に記述するのは2011年版アニメ~Dシリーズの世界観に基づく歴史であり、漫画版/2018年版、および「新右衛門編」「外伝 if-イフ-」の世界におけるクレイの歴史は詳細には語られていない。

大きな差異としては、2018年版世界のクレイは

  1. リンクジョーカーは存在するが、彼らの侵攻が「メサイアスクランブル」に当たる事件として引き起こされ、星輝大戦が起きていない(いきなり遊星ブラントで直接攻撃を仕掛けている)
  2. リンクジョーカーにЯ化の能力がない。代わりにファイターとの運命の繋がりであるPSYクオリアを感染させ、ファイター側を引き込むことでユニットを引き込む「PSYクオリアゾンビ」を増やす形で侵略を行った
  3. 時空超越の概念が存在しない。未来の可能性であるGユニット達は別の形で姿を見せている
  4. PSYクオリアの性質が異なり、ファイター側から発現する力となっている
  5. ギーゼ側の勢力について一切語られていない(使徒の面々のうち、メガコロニーの二人以外はクレイの祝福であるイマジナリーギフトを得ていないため、弐神戦争かそれに近い戦いはあったと思われる)
  6. 運命力に依拠する種族「星神」が存在する

と言った点が挙げられる。


始原~弐神戦争

おおよそ160億年前、あらゆる可能性を包含する「虚無(ヴォイド)」の空間に誕生したのがクレイである。

やがてそこに一つの指向性が現れ、それは「クレイズイデア」と呼ばれる存在が誕生。そこから惑星最初の生命体たる精霊たち「クレイエレメンタル」、有史以来初の神である「始祖創世竜」とその眷属「原初竜」が誕生。

彼らの加護の下、原初竜の眷属である「ドラゴン」を始めとした多くの種族が生まれ、異星生命体との交流なども重なり科学文明が発展を遂げたが、始祖創世竜がクレイズイデアに還元されたことに加えて、資源の枯渇により科学文明は衰退。


これを憂えた次なる神格、創世神「ハーモニクス・メサイア」はクレイに新たな法則を与え、魔法と言う力をもたらすことによって魔法科学文明が新たに勃興、現在のクレイの基礎を築いた。

またこの前後、異星文明との交流が活発化するにつれて星間犯罪が問題視され、クレイ側でもこれに対処するため相互協力組織「ディメンションポリス」を設立。これと、クレイにおける犯罪組織「メガコロニー」の立ち上げが、現在で言うクランの始まりとなった。


しかし、メサイアが魔法を齎したことによってクレイの法則はかつてのものから改変され、これによって「かつてないほど巨大な虚無」、即ち万物万象に内在する滅びへの志向性が形となって顕現する事態が発生。

ダークゾーンの魔王「邪神司教 ガスティール」はこれに魅せられ、研究の末にこの「巨大な虚無」をユニットとしてクレイの地に召喚することに成功。

こうして降臨したのが、虚無を本質とする「破壊の竜神 ギーゼ」である。


これにより、クレイには創世神と破壊神の二つの神格が併存することになり、後に「弐神紀」と定義される時代が幕を開ける。

ギーゼが自らの力とクレイエレメンタルを合わせて作り上げた超越生存体「ゼロスドラゴン」によりあちこちで天災が引き起こされ、これを受けた当時のアクアフォースの指揮官「蒼波元帥 ヴァレオス」は単独でギーゼ討伐に乗り出すが、破壊神の力に膝を屈し、その過程でギーゼの存在を完全に理解してしまったことで心服。直下の部隊を率いてギーゼに寝返ってしまった。

さらに、メガコロニーの拡大のために破壊神を利用しようと考えた「百害女王 ダークフェイス・グレドーラ」が加わり、ガスティールを含めた3人の「使徒」と7体のゼロスドラゴンを従えたギーゼは、本格的にクレイ滅亡へと動き出す。


当然メサイア側も黙ってはおらず、創世神と破壊神の二大勢力による激戦「弐神戦争」はクレイ全土に拡大。あわや世界が滅びるかという瀬戸際まで至ったが、聖剣に選ばれた青年「フィデス」を筆頭とする抵抗勢力が立ち上がり、ロイヤルパラディンとして成立したクランの反撃を筆頭に、各地でメサイア陣営の押し返しが始まり、一転して劣勢に追いやられたギーゼは最終決戦でついに敗北。


ギーゼ自身はいずことも知れぬ空間に封印され、クレイから消失。ガスティールとグレドーラは逃げ延びたが、敗戦直後に巻き返す余力はなく、これ以後長きにわたり沈黙を守ることになる。

ヴァレオスはギーゼに与した責任を問われ、アクアフォースごと封印された上でメサイアによる魂の浄化を受けたが、これを忠誠心と精神力で耐え抜き、次なる暗躍を待ち続けた(これによって地球側でもアクアフォースの存在が薄れてしまい、先導者である蒼龍レオンの暴走に繋がることになる)。


そこから続いていたのが2011年版当時の「聖竜紀」から「新聖紀」に渡る時代であるが、この時期のクレイは謎の勢力によって侵攻され、全クランが滅亡の危機に陥っていた。

これは、そもそもギーゼの正体がメサイアによって魔法が齎され、クレイの法則が書き換えられたことによって生じた「歪み」の化身だからである。


弐神戦争の後にギーゼが封印され、メサイアも眠りについたことで、集束点を失った「歪み」は本質である「虚無」に還り、そこから書き換えられた法則を元に戻そうとする=今のクレイを否定する方向性を引き出しそのように振舞い始めた。


対魔獣戦線(2011年版初期、PSYクオリア編)

弐神戦争の余波で歪んだ次元境界線から「次元魔獣(ユビキタスオーガ)」と呼ばれる敵が現れるようになり、これに対抗するため第三の神格である守護聖竜が、それぞれの騎士たちに力を与えた。これがユナイテッドサンクチュアリの始まりであるが、この中で聖竜の一角「シングセイバー・ドラゴン」が人々の無念を受け取り「ファントム・ブラスター・ドラゴン」と化してしまうアクシデントが発生。

これはシャドウパラディン発足のきっかけとなったが、与えられた加護の方向性の違いは両クランの対立の遠因となり、虚無より現れる次元魔獣への対応を巡り、ついにロイヤルパラディンシャドウパラディンの意見対立は決定的なものとなった。


ロイヤルパラディン側にはノヴァグラップラーやオラクルシンクタンクを始めとする多くのクラン、シャドウパラディン側にはダークイレギュラーズ、ペイルムーン、スパイクブラザーズなどダークゾーン側のクランが合力。


ブラスター・ダーク「全クランが我らの配下となり、その命を捧げればよい!」

ブラスター・ブレード「皆が心をひとつにし、互いを助け合わなければ本当の強さは生まれない。大事なのは全クランの平等の団結だ!」


とにかく次元魔獣の撃滅を優先し、事態収束を急ぎたいシャドウパラディンと、人々を守ることを第一とし、被害の拡大を防ぎたいロイヤルパラディンの意見は平行線をたどる。

他のクランの意見を圧するほどの言い争いの果て、ロイヤルパラディンとシャドウパラディンが決闘を行い、勝者側の意見に全クランが従うことが決定された。


この時期、次元魔獣との戦いにおいて中核戦力だった英雄ドラゴニック・オーバーロードはブラスター・ブレードとの邂逅を果たし、さらに旧友であるファントム・ブラスター・ドラゴンと会見、その強硬な考え方に苦言を呈している。


アクアフォース事変(アジアサーキット編)

次元魔獣の発生が一段落ついたのもつかの間、守護聖竜たちがクレイズイデアに還った隙をついて「虚無」が新たな手段を実行する。

弐神戦争で時空のはざまに封印され(メサイアの裁きによるという説、虚無による陰謀だという説がある)、様々な思いを抱えていたアクアフォースの現リーダー「蒼嵐竜 メイルストローム」の心に囁きかけ、その思いを歪めた上で、地球における先導者・蒼龍レオンを動かすことでクランの封印を破ったのである。


地球とクレイ、双方を繋ぐ二重の運命力を利用することでこれをなした「虚無」は、さらに世界滅亡への障害であるブラスター・ブレード、ブラスター・ダーク、ドラゴニック・オーバーロードを時空のはざまへ封印。クレイにおいて「時空のはざまへの封印」は、歴史からも記憶からも存在を消されることと同義。これにより、対魔獣戦線における三英雄を失ったことでロイヤルパラディン、シャドウパラディン、かげろうも道連れになる形で存在が抹消(ロイヤルパラディンについては指導者のアルフレッドは無事だったが、「記憶から消える」ことの影響は「先導者の分身」であるブラスター・ブレードを失ったことが大きかった)。


ユナイテッドサンクチュアリとドラゴンエンパイアが主戦力を失い弱体化したことで列国は混乱、その隙に付け込む形でアクアフォースの侵攻が開始される。

これに対し、「灼熱の獅子 ブロンドエイゼル」を筆頭にユナイテッドサンクチュアリ各地から有志が集いゴールドパラディンが結成、さらにドラゴンエンパイアはサンダードラゴンを主力とする新部隊「なるかみ」を編成。これによりアクアフォースの進撃が食い止められ、最終的には地球に置ける先導者たちの選択(アジアサーキット編)もあってクラン連合が勝利。


三英雄が解放されたことで三クランも復活、アクアフォースも二度にわたる過ちを償うため再び脅威に立ち向かう力として認められることになった。


星輝大戦緒戦(リンクジョーカー編)

だが、運命力の消耗と「虚無」の脅威は未だに去っていなかった。

クレイとは別の世界が「虚無」に飲まれ、その世界の住人が「虚無」の剣として生き残り、リンクジョーカーとして侵略を開始したのである。

各国家はそれぞれのクランを再編成し、リンクジョーカーに立ち向かったが、彼らの用いる「呪縛」による被害は想像を上回り、多くのユニットがЯ化することになる。

これは「Яパンデミック」と呼ばれ、地球においても多くのファイターがリンクジョーカーの尖兵と化してしまった。


その中で生じた特異個体「カオスブレイカー・ドラゴン」により、最終兵器「グレンディオス」が作られるが、光と闇の騎士を筆頭とする連合軍により全て撃破される。

さらに開戦当初にリバースされたドラゴニック・オーバーロードも、強さの証明のためリンクジョーカーにすら従わず独自の意志で光の騎士に立ちふさがり、決戦を経て解放されている。


ただし、カオスブレイカー・ドラゴンは逃亡しており、撃破には失敗している。


星輝大戦(レギオンメイト編)

リンクジョーカーはさらなる侵略を決行したが、この時期は「導きの賢者 ゼノン」の行動を皮切りに、敵味方双方が時空干渉を行った結果、並行世界のクレイとの混線が相次ぎ正確な記録が残っていない。


ゼノンはユナイテッドサンクチュアリに次なる危機を予言し、それを受けたブラスター・ブレードは対処するため新たな希望を探し出す「探索者」を編成。別世界からシングセイバー・ドラゴンを呼び込み、加護を与えた。

一方のリンクジョーカー側(≒ギーゼ封印により集束点を失った「虚無」の意志)は、毎度のように自分たちを撃退したブラスター・ブレードのЯ化を画策。


これが成し遂げられ新たなる星輝兵「ブラスター・ジョーカー」が誕生した結果、クレイの歴史に改変が起こりブラスター・ブレードの存在が消え、彼の保有する運命力も失われたことで決戦前にリンクジョーカーの勝利が確定する事態が発生してしまった。

この事態を重く見たゼノンはやむなく二度目の時空干渉を行い、「ブラスター・ブレードのいない世界線」からゴールドパラディンの英雄たちである「青き炎の解放者」たちを招聘した(これに伴い正史側の状況も書き換えられ、ブラスター・ダークと「青き炎の解放者」によってファントム・ブラスター・ドラゴンが倒され、滅びかけた彼をブラスター・ダークが救い影から世界を守り続けた……という歴史が発生した)。


同じころ、ブラスター・ジョーカーは奇跡的に自らの「先導者」とのコンタクトに成功、両陣営を拒絶し己を時空のはざまに留め続けることを選択した。

彼の体内には虚無の塊である「シード」が宿っており、もしクレイに帰ってしまえば先の緒戦の比ではないЯの感染爆発を起こしかねない状態だったからである。

地球でも「先導者」であるアイチが全く同じ状態に陥っており、月の宮に己を永遠に封じることを決めている。


ブラスター・ジョーカーの意志を理解したゴールドパラディンの「青き炎の解放者 プロミネンスグレア」、シャドウパラディンの「幻惑の魔女 フィアナ」、ディメンジョンポリスの「鋼闘機 シンバスター」はそれぞれの仲間と共に彼に合力、時空のはざまに留まるブラスター・ジョーカーを見守る立場を取った。


しかし、書き換わった歴史において己を高め続け、煉獄皇竜の名を得た「ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート」は宿敵のいない世界を否定し、ブラスター・ジョーカーを解放するために独自の行動を開始。

「煉獄竜 ボーテックス・ドラゴニュート」、「アルティメットライザー・MF」、「宇宙の神器 CEOユグドラシル」、「喧嘩屋 ビッグバンナックル・バスター」ら「メイト」と共に様々な戦場を転戦しつつ探索を続け、ついにブラスター・ジョーカーと邂逅。


黙示録の竜との戦いの中でブラスター・ジョーカーは正気を取り戻し、宿っていた「シード」はばらばらに砕けて飛散、志を同じくするユニットたちがそれを受け入れたことで、リンクジョーカーはクレイの新たなクランとして認められることになった。

これに伴い時空干渉は解かれ、「青き炎の解放者」たちやシングセイバー・ドラゴンはそれぞれの世界線へ帰還したが、干渉の影響は完全には消えなかった。


メサイアスクランブル(劇場版「ネオンメサイア」)

先行部隊の侵略が失敗したことで、ついにリンクジョーカー本隊が行動を開始。

世界を消し去る「根絶者」と本拠地である「遊星ブラント」をクレイに差し向けたのだが、ここで根絶者のリーダー「威圧する根絶者 ヲクシズ」が地球における先導者とのコンタクトに成功。これによって他の先導者との繋がりを断ち切る「デリート」の力を得た根絶者の前に、クレイの英雄たちはまるで歯が立たず一方的に蹂躙される憂き目を見た。


これに対し、メサイアはついに覚醒を選択。ロイヤルパラディンの「先導者」の力を借りて遊星ブラントを己に取り込み、クレイの衛星として加えることで闘いを終結させたのである。

これを機に、根絶者の「先導者」は彼らを介してメサイアの先導者ともなり、「世界を作り出す祈り」を届ける存在となる。


この覚醒で疲弊したメサイアは幼体となり眠りについたが、根絶者の残党は最後まで作戦を遂行しようとメサイア消滅を狙い強襲。これに対し、クロノジェット・ドラゴン率いる「十二支刻獣」が介入し、メサイア再誕までの時間を稼ぐため時空を飛び越えての逃亡戦を余儀なくされる。

過去と未来を飛び回る逃亡の末、最終的にクロノジェットも片手片足を失う重傷を負ったが、3000年後の天輪聖紀から「魔宝竜 ドラジュエルド」が同志を通じて送った運命力がメサイアに届いたことで「ネオンメサイア」としての覚醒に成功、根絶者を掃滅したことで事態は収束。


これを以て聖竜紀は幕を閉じ、新たな時代「新聖紀」が始まっている。


並行世界におけるリンクジョーカーの侵攻

2018年版の世界におけるクレイでもリンクジョーカーは侵攻を行っているが、こちらではギーゼに当たる存在がないためか「虚無」とは無関係の侵略者となっており、Яパンデミックは起こらず遊星ブラントが直接クレイへの攻撃を開始している。


PSYクオリアの力を感染させ、ユニット達をファイターを経由して自陣に引っ張り込む「PSYクオリアゾンビ」と、伊吹コウジを介して「根絶者」を送り込むことで侵攻を進めていたが、地球側での尖兵としていた立凪タクトが敗北したことで失敗に終わった。


覇道黒竜の乱(ヴァンガードG)

リンクジョーカーとの戦いが終わった後、ジェネシスに属する「星詠」たちは、別世界(2018年版アニメ)に属する運命力を感知。

「星域」と呼ばれる領域と、そこにしか存在できない「星神」の存在を確認し、これを利用して別世界の運命力を観測することで次なる危機に備えるべく活動を続けることになる。


一方、ダークゾーンでは極大の運命力の輝きを放つこの世界線に訪れたギアクロニクルが本格的に登場。

メサイアは自らのアバターの一つ「オルターエゴ・メサイア」を差し向け、彼らを見守ることを選択した。


ギアクロニクルとはかつて、別の世界で時空を操る「旧き竜」こと「時空竜 バインドタイム・ドラゴン」一派が時空を歪め未来を奪う「機械仕掛けの神 デミウルゴス」を建造した際、これを止めるため集った十二の獣たちとその仲間たちである。


さかのぼること十数年前、十二支刻獣の一人「クロノファング・タイガー」は、何度も訪れる世界の危機と、必然的に起こる戦いの連鎖を何とかして終わらせようと、時空を修復するというギアクロニクルの使命に背き歴史への介入を試みた。

これは残る11人により防がれタイガーは時空のはざまに封印されていたのだが、地球において明神リューズと共鳴。ユニット召喚実験の中、たまたま立ち会っていた新導クロノの声にクロノジェット・ドラゴンの幼き日の姿であるクロノ・ドランが応え、彼が地球を訪れたことでクロノは「特異点」にしてギアクロニクルの先導者として位置づけられることになる。


リューズが実験を繰り返した影響で、クレイ側でも時空超越が頻発。

ギアクロニクルの指導者「クロノジェット・ドラゴン」はユナイテッドサンクチュアリを皮切りに、各地にこの事態を制御する「時空超越(ストライド・ジェネレーション)」の理論と技術を提供、事態を収めている(この時超越の技術を収めた者の中でも「蒼天の騎士 アルトマイル」と「ラナンキュラスの花乙女 アーシャ」は高い超越制御技術を備えている)。


この時期、ユナイテッドサンクチュアリにて、シャドウパラディンのリーダー「クラレットソード・ドラゴン」が強者絶対主義を掲げ、クラン内の不満分子を率いて反乱を決行。ジェネシス内部の危険因子や、患者を人質に取られたエンジェルフェザーの一派が加わり、反乱軍は強大化。

クラレットソードは時空超越により「覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド」の力に魅せられており、禁忌の力を引き出す術を会得し己の力を証明しようとしていた。


しかし、時空超越の真の意味を理解していたアルトマイル、アーシャはクロノジェット・ドラゴンと共にこれに立ち向かい、見事鎮圧に成功する。


完全なる未来(ギアースクライシス編~ストライドゲート編)

覇道黒竜の乱後、各国家・各クランの交流が活発化。メサイアの加護と試練のもと、多くの若者が成長を遂げていった。

その中でブラスター・ダークやドラゴニック・オーバーロード、ツクヨミなど歴戦の強者たちもまた試練を受けて力を高め続け、影から世界を守護していた。


一方、バインドタイム・ドラゴンは十二支刻獣によって潰された野望を今度こそ果たすべく、世界を巡り協力者を募る。それぞれ独自の目的を持つかりそめの関係性であったが、中でも「星影の吸血姫 ナイトローゼ」と「仮面の奇術師 ハリー」の関係性は資料によって全く異なり、敵対していたという記述があれば、強い信頼で結ばれていたという記述もある(地球における事実を述べれば、それぞれを分身とするファイターたちの絆は強かった)。


さらにバインドタイム・ドラゴンはクロノファング・タイガーとリューズの共鳴により生じた時空の穴を押し広げ「運命の門(ストライドゲート)」を開放することに成功。

十二支刻獣たちを全て捕らえ、最後には地球に転移していたクロノ・ドランを捕獲したことで計画実行の準備を整えた。


バインドタイム・ドラゴンはあらゆる時空の支配者となることを望み、クロノファング・タイガーとリューズは「完全なる未来」を望んだ。それは、重なり合う世界のうち片方を滅ぼし、運命力の全てをもう片方に送り込むことで、人々それぞれの理想を無限に叶え続けるというものだった。


しかし、地球もクレイもそれを良しとせず、またしても立ちはだかったのはクロノジェット、アルトマイル、アーシャの三人だった。

アルトマイルは伝説の聖剣・フィデスの力を得て「天獄神獣 フェンリル」を撃退、アーシャは「仮面の奇術師 ハリー」、「星影の吸血姫 ナイトローゼ」、「罪を濯ぐ者 シャルハロート」と交戦、詳細不明ながら三者の運命を大きく変えることになる。


クロノジェットは自らの過去であるクロノ・ドランと同調し、デミウルゴスとバインドタイム・ドラゴンを打ち破ることに成功した。

なお、リューズの行く末については伝承によって全く異なり、幼児であったり老人であったり、罪を許され新たな人生を歩んだとも、全ての力を使い果たし死亡したともされている(アニメを見る限り全て正しい)。


第二次弐神戦争(G NEXT~GZ)

この時期、地球人が惑星クレイに飛ばされていたことが発覚している。


弐神戦争以来潜伏を続けていた「使徒」たちは、満を持してギーゼ復活のため行動を開始。同時期にシャドウパラディンの魔術師「竜刻魔道士 ダグザ」が何者かに殺害される事件が発生し、この時彼を兄と慕っていた「竜刻魔道士 ルアード」が復讐のため力を求めて動き出す。この過程でルアードはクロノジェットやアルトマイル、アーシャと出会い交流を深めていく。


一方、メサイアはギアクロニクルと協力し、重なり合う世界を安定させるためにある計画を立てていた。

クレイのユニットを、地球にいるそれぞれの「先導者」と対話させ、彼らの協力の上で体を借り受け、運命力の様子を調査するというものである。


調査員としてネオネクタールから「竜胆の銃士 アンテロ」、ジェネシスから「崇高なる美貌 アマルーダ」、かげろうから「炎熱猟兵 ダムジット」が出向くことになったが、これに「使徒」が便乗。

ぬばたまにおいて一群を指揮し、味方の裏切りで全滅した「忍竜 シラヌイ」をガスティールが唆し、地球の影響でクレイの運命がゆがめられていると嘘を吹き込んで意のままに操った。


結果、シラヌイはダグザを殺害した後、地球にて自らの先導者にディフライド。ガスティールに課せられた任務のまま、カオスブレイカー・ドラゴンをその先導者」にディフライドさせ、さらにギーゼの地球での器を選別していた。

当初シラヌイは、地球人の脆弱さに失望し、こんな存在にクレイの運命がゆがめられ、自分の一族が滅ぼされたのかと憤っていたが、その矢先にアンテロがディフライダーごと交通事故で死亡するアクシデントが発生。


アンテロが絆をはぐくんだアーシャの先導者と、特異点たるギアクロニクルの先導者との交流により、シラヌイはガスティールに吹き込まれた話が偽りだったことに気づき離反。アマルーダと共にクレイに帰還し、使徒の動きをメサイアに報告した。

同じ頃、シラヌイをダグザの敵として狙うルアードはぬばたまへの襲撃を繰り返しており、メサイア陣営はこれを止めようと行動を開始。


地球に降りたカオスブレイカーは、使徒の三人と、グレドーラに従うダークフェイス・アルキデスをディフライドさせ、ダムジットを引き込んで暗躍。この時、クラレットソード・ドラゴンもディフライドさせようとしたが、彼の先導者の拒絶で失敗している。


ガスティールの魔術と、アルキデスのディフライダーの知識により、二つの世界のはざまたる「虚無の要塞レリクス」が建造され、双方の世界から運命力を取り込む用意が完了。

クレイでは襲撃を繰り返していたルアードをメサイア一派が制止し、ダグザの死に関する真実を伝えるが、これを知ってショックを受けたルアードはガスティールに拉致されレリクスに囚われてしまう。


そして、地球における彼の先導者と共にギーゼの器とされてしまい、クレイでは使徒の軍勢が一斉攻撃を開始。

メガコロニーはネオネクタールへ全軍を向け、アクアフォースはヴァレオス旗下の「旧世軍」がユナイテッドサンクチュアリへ進軍、さらに空からはカオスブレイカーが差し向けた星輝兵の大群が襲撃をかける。シラヌイとアマルーダの警告のおかげで奇襲は逃れたものの、戦況は悪化の一途をたどる。


一方、地球でも使徒たちが最後の暗躍を開始し、ヴァレオスが第一次弐神戦争で敗因となった聖剣フィデスを破壊することに成功。

さらに地球に封印されていたゼロスドラゴンを全て解放したが、任務完了、あるいはファイターたちに敗北したことで全てクレイに帰還することになる。

最終的に自身の娯楽のために動いていたカオスブレイカーが自らを生贄としてギーゼを完全復活させ、第二次弐神戦争は佳境を迎えた。


地球では「虚無の雨」と呼ばれる疑似ファイターが各地のファイターに立ちはだかり、クレイではギーゼ自身が侵攻。

自らの先導者の意志を受けて使徒から離反したダムジット、ルアード解放を目指すシラヌイもメサイア側として戦線に加わったが、すべてを終わらせたのはまたもクロノジェット、アルトマイル、アーシャの三人だった。


アルトマイルは失われたはずの聖剣フィデスを復活させ、アーシャは苦戦の中でアンテロの魂により危機を逃れる。そしてクロノジェットは、クロノ・ドランと共に自らの運命力を高め、「クロノジェット・ドラゴン・Z」「クロノ・ドラン・Z」となって互いの力を共鳴。「クロノバイザー・ヘリテージ」となりり、メサイアの力を受け継いでギーゼとの決戦に臨んだ。


最終的にはクロノジェットはクロノ・ドランを弾き出してヘリテージとしての肉体を掌握、後事を仲間たちと次の世代に託して特攻、ギーゼ諸共滅び去った。

ゼロスドラゴンたちはクレイエレメンタルへと変化し、対存在を失ったメサイアもまたクレイズイデアに還ったことで、弐神戦争はついに終わりを迎えることになった。



無神紀~天輪聖紀(Dシリーズ)

クレイのみならず地球をも巻き込んだ一大事件を重く見たクロノ・ドランは、特異点の少年との対話の結果、同様の事態を再び地球に齎さないために運命力の繋がりを閉ざしている。


この結果、地球はひとまずの平穏を得たが、反対にクレイの方は神の加護を失い、先導者の導きも受けられなくなるという有史以来の大混乱に陥り、後に「無神紀」と定義される混沌の時代を迎えることになる。


この「無神紀」時代においては、メサイアやギーゼなどといった神格の元だったクレイズイデアが気配を失って全ての活動を停止し、更にユナイテッド・サンクチュアリの衰退が表面化したことや、メサイアによってもたらされてきた魔法の枯渇によって、混沌は更に加速し、多くの国家やクランは旧来の体制からの変革を強いられた。


加えて、時空の断絶によって、いかなる世界からもクレイの記録そのものが失われる事態が発生。

特にこの影響を強く受けたギアクロニクルは、超越(ストライド)を含む時空を超える能力が使用不能となった結果、十二支刻獣の力を受け継いだ「一人の英雄」が現れるまでの間、クランそのものが機能停止に陥っていた。


この混乱は現地時間で3000年にも渡って続いたが、最終的にドラゴンエンパイア内部において、クレイにおける「今の世界をよりよく発展させる」という希望の代行者「焔の巫女」と、「今の世界を滅ぼし、よりよき世界を作り出す」という絶望の代行者「封焔の巫女」が争った末、焔の巫女が勝利。


新たな神として「天輪聖竜 ニルヴァーナ」が覚醒したことにより無神紀は終わりをつげ、新たなる時代「天輪聖紀」が幕を開けている。

なお、敗れた「封焔の巫女」はクレイ全土を行脚し、色々なユニットと対話しつつ新しい未来を模索している。


しかしそれでも混乱は完全には収まらず、「煌結晶(ファイア・レガリス)」なる謎の物質を巡っての対立、ケテルサンクチュアリ内部の格差など、運命力の繋がり=先導者の導きを失ったことによる弊害が相次いでいる。

この中、リンクジョーカーの科学者「智慧の泉 エバ」は、煌結晶を持つネオネクタールの少年・ロロワを襲撃して強奪に成功。好奇心の赴くままに「実験」を繰り返して多くの犠牲を出しており、さらに彼女の護衛であるオブスクデイトと彼を敵として狙うロイヤルパラディンの騎士・テグリアの因縁も相まって、世界規模でこそないものの無視できない影響が出始めている。


ちなみにロロワはドラゴンエンパイアから修行に出ていたドラグリッターの少女・ラディリナと友誼を結びこの事件を追っているが、煌結晶を失ってもなおブラントゲートの「迫りくる牙 ケイオス」に命を狙われる危機に立たされている。


龍樹侵食(Dシリーズ2期~4期)

ケテルサンクチュアリにおいては、格差と差別に耐えかねた地上のレジスタンスからユースベルクが反乱を起こしたが、事態が本格化する前に「魔宝竜 ドラジュエルド」が宝石泥棒を追いかけてケテルサンクチュアリへ乱入するというアクシデントが発生。

この地を訪れていたストイケイアの音楽隊も巻き込まれ、ユースベルクはやむを得ず「頂の天帝 バスティオン」と共闘。

暴走状態だったドラジュエルドは「封焔の巫女 バヴサーガラ」と彼女が呼んだ「天輪聖竜 ニルヴァーナ」の叱責で正気に戻り、セイクリッド・アルビオン最奥部の世界樹が解放されたことでひとまずこの反乱未遂は終結。


ユースベルクはその後、ゴールドパラディンに編入され地上部隊として配属、ケテルサンクチュアリ内部の格差の大きさが改めて上層部でも問題視されることになる。


そんな中、外星から落ちた謎の物体が活動を開始。

ダークステイツの星読み一派「星刻姫」達が一族単位で加担した上、「枢機の神 オルフィスト・レギス」や「怪雨の降霊術師 ゾルガ」、「満開の大行進 リアノーン」などがそれぞれの原因で「マスクス」と化し、ドラジュエルドに至っては「ディアブロス“暴虐”ブルース」との戦いで死亡するなど、各地で混乱が表面化。


グリフォギィラの取った手段はかつてのリンクジョーカーとは逆の、存在を気づかせずに「浸透」するという狡猾なものであり、ギーゼ・エンド湾に潜みながら「龍樹の落胤」を各地に送り込むことで暗躍。

先導者の導きを失った世界にうっすらと蔓延する未来への不安に付け込み、「時代に対抗する力」を求める心を動かすことで「マスクス」を増やして自分たちの勢力を拡大し続け、最終的に各国が確立した水晶玉による魔法的連絡網「マジック・ターミナル」をダウンさせることに成功。

クレイの絶望を司る精霊・トリクムーンを狙い(これは阻止され失敗)、現在のクレイの希望の象徴である「天輪の巫女 リノ」とその一行を一時的に隔離し、最終的に最北部のケテルサンクチュアリと、ドラゴンエンパイア北部の寒冷地を除いたクレイ全土を制圧・壊滅状態に追いやった。


さらにこのような事態に本来対処するべきブラントゲートのオルフィストら、リンクジョーカーの一派も「怪雨の降霊術師 ゾルガ」を介する形で「龍樹のもたらす未来に賛同する」という意見を表明しており、この誘いに乗る形でグラビディアたちも軍門に下ってしまっている。


煌結晶絡みでも、リリカルモナステリオにおいて「幽遠なる夜に タマユラ」に仕える自動人形リリミ&ララミによる爆弾テロが敢行される(時系列的には龍樹事件の直前と思われる)など、あちこちに火種が飛んでいる。


むろんクレイ側も黙ってはおらず、ブラントゲートの「ブリッツCEO ヴェルストラ」とダークステイツの「ディアブロス“絶勝”ブルース」を中心とした対抗勢力が活動。

ヴェルストラは宇宙で「極光烈姫 セラス・ピュアライト」率いる治安維持部隊と交渉、ブルースはリアノーンやマグノリアを介して一時陥落したストイケイアを奪回しつつ、マスクスに走っていた「強欲魔竜 グリードン」を引き戻し、さらにマジックターミナルを復旧するなどで反撃の準備を整えているが、龍樹側はあえてこれを静観している節が見られ、予断を許さない状況が長く続いた。


最終的に龍樹は「滅尽の覇龍樹 グリフォギィラ・ヴァルテクス」として完全成長を遂げ、リノ達天輪の一派との決戦が始まる―――かに思われたが、リノはその狙いを看破していた。

龍樹の本質は底なしの欲求に突き動かされ、それを満たすことしか知らない生命体であり、クレイにおいて最終的に狙っていたのは、神格であるニルヴァーナの完全覚醒を誘発し、最後の御馳走としてそれを喰らうことであった。

運命力を吸い上げ力とする龍樹を相手に、弐神戦争のように運命力でぶつかっても勝ち目はない。そして、リノはニルヴァーナの代行者、即ち惑星クレイの意志を司る者として、龍樹をも受け入れることを考えていた。


聖竜紀の末期、惑星クレイは侵略者であるリンクジョーカーを新たなクランとして受け入れた。

ならば、同じく侵略者である龍樹もまた、クレイの新たなユニットとして受け入れることができるに違いない。


生と死の狭間から語り掛けるドラジュエルドの介入、そして天輪の一派が切り札に選んだ、トリクスタとプレアドラゴン達の新たなるオーバードレス「武装焔聖剣 ストラヴェルリーナ」により、龍樹の戦闘形態であるグリフォギィラ・ヴァルテクスは粉砕され消滅した。

そして一つだけ残されたグリフォシィドは、共存の意志をサプライズ・エッグの状態に戻った天輪聖竜に認められ、トリクスタの導きによりドラゴンエンパイア最北部の人里離れた氷原「安息の地」に植えられ、周辺一帯の雲と風を自身の力で回避した草原地帯を作り出して定着した。


これを以て龍樹もまたクレイの新たなユニットとして迎えられ、龍樹を巡る戦いは終わりを告げた。



Dシリーズのアニメ(「overDress」及び「will+Dress」)においては、クレイ側の状況について全く描かれていないが、天輪聖紀に移行するに当たって「クレイから地球への祈り」が一方的に届く状態となっているためか、運命の修正力が齎す「ユニットとファイターの動向が連動する」現象も復活している。


アニヴェルサーリオ

ショートアニメ「みにヴァンら~じ」で登場したクレイの衛星のひとつ。

クレイ同様生物の生存には全く問題ない環境だが、荒涼とした大地が広がるばかりで何もない星。その代わり、運命力の繋がりが絶たれた現在であっても地球と繋がっている他、ファイターたちのイメージがクレイよりも直接的に、かつ即座に反映されるという特性がある。

管理者&星の化身であるユニット「セルカ」によって時代を超えて多数のファイターがコールされ、彼らの力を借りて開拓が行われている。


良くも悪くも、何もないがゆえに何でもありの星であり、新導クロノは2018年版の過去である「新右衛門編」の幼少期と2011年版の続編である「G」の青年期が併存している他、櫂トシキに至っては「2011年版」「2011年版の幼少期」「リバースファイター時代」「2018年版」「2018年版の幼少期」「if」「G」をはじめ、あらゆる媒体・時系列の同一人物が一堂に会するというわけのわからない事態に陥った(これは後からコールされた伊吹コウジも同じ)。


ちなみに最初にコールされたのは各時代の主役に当たる先導アイチ(2011年版)、新導クロノ(2018年版の幼少期)、先導エミ(if)、新田新右衛門(新右衛門編)。

また、最終的には近導ユウユがコールされているのが確認できる。


関連タグ

カードファイト!!ヴァンガード PSYクオリア

クランや国家については「ヴァンガードユニット」参照。

関連記事

親記事

カードファイト!!ヴァンガード かーどふぁいとゔぁんがーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2720

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました