ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:新田恵海/相羽あいな(カードファイト!!ヴァンガードGNEXT以降、詳細は後述)


本作のヒロイン

新導クロノと同じクラスの中学2年。

4月17日生まれの牡羊座。血液型はO型


面倒見がよく正義感が強い、しっかり者の優等生だが、直情的で自分の意見を無理矢理通そうとする我の強い面もある。また、地元のお祭りやイベントの準備に率先して参加する活動派で、闇鍋を「邪道」と言い切る鍋奉行であるなど、古き良き東京下町住民といった気質の持ち主でもある。


クランリーダーの称号をもつ安城マモルを兄に持ち、自身のファイトの実力も高い。

兄のことはヴァンガードファイターとして強く尊敬しており、彼がハイメ・アルカラスに敗北した時には明らかに機嫌を損ね、その後ファイトすることになったクロノに敵討ちを要求するなど、ややブラコン気質でもある。

その反面、自分がファイトをすると必ず兄と比べられることにコンプレックスを抱いており、「安城マモルの妹」としてではなく、「安城トコハ」として見てほしいという強い願望がある。

それ故、兄と比較されることを避けるため本気でのファイトを極力避け、公式大会などにも出場せずにいたが、クロノが「兄弟だからこそ競い合えるからこんなに強い」ということを、マモルと共に研鑽を積んできたことを感じ取ってくれたことをきっかけに、本気でヴァンガードをするべく公式大会出場を決意する。


トコハちゃん

作中で夏になった事で、衣装も夏服に変わった。

女の子らしい活発な衣装となっている。


チーム・トライスリーとして

VG詰めハートにきた~~!!!

クロノとは当初、彼の普段の素行の悪さなどに対する警戒心から一方的に悪人と決めつけていたため(クロノも面倒くさがってそれを否定しなかったこともあって)何かと突っかかることが多かったが、ファイトやイベントなどで交流を重ねるうちに殆どが誤解であったことを理解する。が、何かと意見が食い違うため、やはり口論は絶えない。綺場シオンとも、価値観のズレなどから度々口論になる。要は痴話喧嘩である。


ヴァンガード全国大会の開催が近づき、地方予選に参加する三人組のチームを決められずにいたところを葛木カムイの口車に乗る形でクロノ・シオンの2人とチームを組むことになる。

当初は意見の食い違いをなかなか解消できず、チーム名すらまともに決められないほどギスギスした関係が続いていた(それまでは「名前はまだない」というチーム名で小さな大会に参加登録していた)。しかし、元々個々の実力は認めていたこともあって次第にチームとしての意識が生まれ結束を深めていく。


地区予選トーナメントでは順調に勝ち進むが、チーム「ディマイズ」の羽島リンにファイト前に岡崎クミが買ってきたコロッケパンを踏みつぶされ、怒って文句を言いに後を追うが行き先のトイレで水をかけられ更に憤慨。試合中も自身のコンプレックスである兄の名前を出される形で煽られ、思うようなファイトができず敗北。続くシオンも同じく精神的な弱みを突かれ敗北し、結果トライスリーは地区予選敗退となる。以降、羽島リンとは因縁浅からぬ関係となっていく。

敗退後はシオン同様意気消沈し、メンバーとの交流を避けるようにしていたが、二人を励ますためにクロノが不器用ながらも奔走し、互いの本音を吐き出す形で立ち直る。


大会前はクロノが、大会直後はシオンがそれぞれの思い悩みからチームを脱退しようとする場面もあったが、こうした苦境が三人の絆をいっそう深める作用となっており、大会後もチームとして良好な関係を続けている。


その他の交友関係

同級生の岡崎クミとはお互い「ちゃん」付けで呼び合う親友である。

クロノと同じく初心者の彼女には直々にファイトのコツを教えており、クミのクエストを引き受けたクロノが苦戦を強いられていた。以降も彼女のクエストのサポートをしつつ、ときには二人揃ってクエストを受けたりもしている。


ドラゴンエンパイア支部で働くアカネとは幼少期からの付き合いで、彼女を姉のように慕っている。

しかし、彼女の突然の海外赴任が決まったことでもう二度と会えなくなることを知り、行われていたちびっこヴァンガード大会をクロノに任せ、空港へアカネを見送りに行く。そこで小さい頃にしたファイトの約束を果たし、彼女に未来のプレゼントとして、「手書きのカード」いう花束を贈った。


第34話では、イベントでやってきたヴァンガードアイドル・弥富サヤと知己となる。

年下のサヤからは「お姉ちゃん」と呼ばれ、奔放過ぎる彼女に手を焼きながらも、同じくアイドルだった母と常々比較される彼女に自身の境遇を重ね、それでもなお「未来は無限大」と前向きな姿勢を見せる彼女に呼応し、今一度自分と向き合っていく決意を固めていく。

余談だが、この回はトリニティ・ドラゴンからオタ芸を披露したり、クロノとシオンと共に全身タイツメガコロニーユニットコスプレをしたり、突如始まったパイ投げ合戦でとんでもない絵面になったりと、休日朝10時のアニメとはおもえない非常にカオスな内容となっている。


その家庭環境故か、どうにも異性を異性として認識していないような様子が見受けられる。

32話でトライスリーの仲間といるにもかかわらず「パンツまで濡れた!」という強烈な発言を残していたりする。

ただ、母親に「どっちが本命?」と聞かれた際やハイメ・アルカラスが割と本気で好意を持っているらしいことを言われた際、またクロノとシオンと産婦人科に行った時は赤面していたりする。


ギアースクライシス編以降は家を失ったシオンやアムとの関係に悩むルーナ、悪事に手を染めたアムを気遣うシーンが増え、より母性的な性格になっていった。

センシティブな作品戦闘員をやっつけろ!


高校生

1058chan!センシティブな作品

「ヴァンガードGNEXT」以降は宣言通り海外(パリ)へ留学。そこでミゲル・トルレスと出会い、多大な影響を受けることとなる。


前シリーズで強くなった母性らしさに加えて以前より女の子らしい性格になっている。

髪の毛もロングに変更し、外見も大分大人っぽく成長した。

こちらが夏服。

安城トコハ Gnext 水着

こちらが水着。


デッキ・戦略

使用クランはネオネクタール

前シリーズで同じくネオネクタール使いである長代マキラウル・セラは1度しかファイトシーンがなかったため実質初めてレギュラーキャラが使用することになる。

センシティブな作品ラナンキュラスの花乙女

分身は「ラナンキュラスの花乙女 アーシャ」等の「ラナンキュラス」とつくカード。「ラナンキュラス」は称号の様なものなので、専ら「アーシャ」と呼ばれている。

やや褐色めの金髪元気おっぱい姫という属性モリモリの子。

彼女を中心とし、増殖をイメージした他の同名ユニットをスペリオルコールと同名のカードのコールにより発動する開花による凄まじいパワーによる脳筋ゴリ押しがトコハの基本戦術である。

アニメでの最大パワー記録を作っては更新するのは最早日課である。

カードによって花の色が異なる場合が多い。

これは「ラナンキュラス」という植物が「様々な色の花を咲かせる」という特色を「超越」とアニメのテーマである「未来の可能性は無限大」という特色に重ねているものと思われる。

センシティブな作品センシティブな作品

イメージライドにより緑髪白肌となるが、それもまた良し。


「ヴァンガードG」の使用カード

ラナンキュラスの花乙女 アーシャ

ラナンキュラスの花乙女 アーシャ

最初期のG3アーシャ。メインカラーは赤。


夢紡ぐラナンキュラス アーシャ

夢紡ぐラナンキュラス アーシャセンシティブな作品

Gユニットとなったアーシャ、イメージカラーは赤のまま。

実質的なコスト無しでリアガードの補充とパワーの増加を行える万能札。

羽島リンとの決戦前に安城マモルから貰った切り札。


「ギアースクライシス編~ストライドゲート編」の使用カード

咲き誇るラナンキュラス アーシャ

センシティブな作品

夢紡ぐラナンキュラス アーシャの進化系Gユニットでイメージカラーは白。

コストが重くなり、状況も選びやすいが、その破壊力は凄まじい。

アニメではちくわ天の使者こと蝶野アム戦で投入。


「ヴァンガードGNEXT」の使用カード

胸焦がすラナンキュラス アーシャ

2枚目のG3アーシャ、イメージカラーは橙。

ラナンキュラスの花乙女 アーシャよりコストが重い代わりに手札から事前に増殖元をスペリオルコールしつつ、ブーストを付与できる。

アニメでは、「ストライドゲート編」の最終回でチラ見せし、「ヴァンガードGNEXT」では全試合でライドしている。


「ヴァンガードGZ」の使用カード

幻蒼のラナンキュラス アーシャ

アーシャ

3枚目のG3アーシャ、イメージカラーは青。

遂にリアガード参照無しの山札からのコールを会得した。

渕高サオリディフライドしたサオリ戦で投入。


中の人について

初期では新田恵海が担当していたが、ストライドゲート編終了と共に本人が降板したため、カードファイト!!ヴァンガードGNEXTからは相羽あいなが担当することになった。ちなみに相羽氏にとってはこれが初の声優レビューだったりする。このような異例の形式となったが、ファンからの支持も得て最後まで彼女役を演じきった。


なお、新田の降板の理由は明かされていないが、事務所側曰く本人と話し合った結果とのことらしい。


相羽は、Gシリーズ終了以降のアニメシリーズには出演していないが、主題歌では新シリーズ(Vシリーズ)の中学生編及びoverDressRoselia湊友希那としてOP、新右衛門編では単独ソロでOPを担当している。


2021年秋に「ヴァンガードZERO」にて大型アップデートによりカードファイト!!ヴァンガードGのストーリーが実装されることになったが、当然のことながら、CVはGNEXTと同じ相羽あいなとなっている。


余談

当初は年齢相応の体つきと、アーシャにイメージライドした際の豊満さのギャップを視聴者から時折ネタにされることもあったが、

時が進むに連れじわじわと成長、ついにはアーシャと遜色のないレベルにまで至った。


関連記事

カードファイト!!ヴァンガードG ギアースクライシス編 ストライドゲート編 カードファイト!!ヴァンガードGNEXT カードファイト!!ヴァンガードGZ

ヒロイン


ネオネクタール --- 使用クラン

チームトライスリー --- クロノ、シオンとのチーム

安城マモル --- 実の兄

岡崎クミ --- 同級生

関連記事

親記事

チームトライスリー ちーむとらいすりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6026386

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました