ピクシブ百科事典

安城マモル

あんじょうまもる

「カードファイト!!ヴァンガードG」の登場人物
目次[非表示]

cv:柳田淳一

概要

安城トコハ
「ヴァンガード普及協会」に籍を置き、ファイトにおける高い実力が協会から認められ「クランリーダー」の称号を持つファイター。
10月11日生まれの天秤座。血液型はO型。24歳。
普及協会の仕事においては、ドラゴンエンパイア支部を拠点とし「ヴァンガードをもっと楽しいものにしたい」と望み日夜普及活動に精を出している…が、ドラエンの支部長が仕事をマモルに押し付け遊び呆けていることが多いため、何かと苦労が続いている。彼の胃が心配である。

人間関係

家族構成は妹・トコハの他に父・安城ヨシアキ、母・安城ミサエがいる。
現在マモルは一人暮らしをしているが、頻繁に妹が家族からの仕送りを持って訪れており、家族との関係は決して悪いわけではない様子。トコハとも昔から共にヴァンガードをしながら過ごしたなど非常に仲が良く、現在もドラエン主催のイベントでは率先して手伝いを行っている。一方で、彼女が高い実力を持ちながらヴァンガードファイトから距離を置いていることについては少し勿体無く感じている。

第1話冒頭では、高校生になった葛木カムイとファイトを繰り広げた。
未知のクラン「ギアクロニクル」に興味を抱き、その使い手がトコハのクラスメイトの新導クロノだと知って以来、いつかファイトしてみたいと望むようになる。
第6話でそのクロノと初対面し、支部長が迷惑をかけた侘びとしてファイトを申し入れるも、「もっと強くなってから挑戦する」という理由で断られてしまう。
第11話では、ユーロリーグの超新星ハイメ・アルカラスと合流試合を行うが、アクアフォースの連続攻撃を防ぎきれず敗北する。
第12話では物語当初から謎の多い伊吹コウジと知り合いである事が判明。お互いの実力を認めており、一緒に料亭で酒を飲む位には仲は良いと思われる。

ドラゴンエンパイア支部では、同支部長の補佐官といったポジションで行動を共にしている。
遊び癖の酷い支部長には何かと手を焼いているものの、唐突なイベントの発注などの無茶振りにも即座に対応し、ステージの監修、初心者ファイターの指導、パトロール、ヴァンガ郎(マスコットのぬいぐるみ)の中の人など複数の雑務をこなしている。ときには支部長専用にトラップを用意するなどで一矢報いることも。
なお、支部長からはたまに「マモルきゅん」と呼ばれている。

過去に弱い者を甚振る羽島リンのファイトスタイルを見て、「ヴァンガードは楽しむためのもの」と諭しているのだが、ファイトで負かした上で否定してしまった事で、逆にプライドを傷付けられた彼女を改心させるどころか、恨みを買ってしまう事になっている。
それから数年後、当時のことを忘れていたのか同一人物と気づけなかったのかは不明だが、マモル自身が彼女とは初対面だと思ってしまった為、それが原因で自身に対する恨みを更に加速させてしまい、攻撃の矛先がトコハに向けられてしまうに至っている。
後にリンがかつて改心させようとした少女と同一人物であった事に気付いたマモルは、自身のやり方は彼女を傷付けてしまったかもしれないと、後悔している。

使用デッキ

かげろうを使用。
ドラゴニック・ブレードマスター」を主軸に「超越(ストライド)」を行って相手のリアガードを退却、アドバンテージを取る戦法をとる。
後述する事情とは異なり敗北する回数が少ないため流石最強のかげろう使いと言ったところか。

余談だが、中の人がヴァンガード初心者であるため、関係者とのファイトで度々敗北していることから「案の定マケル」さんと呼ばれたり、スタジオのカーペットを捲ってしまったため「めくるさん」等と呼ばれたりと、役名に因んだ名前で何かといじられている。
その後、「週刊ヴァンガ放送局」でゲスト出演した際に森嶋秀太に勝利したことで「案外カテル」さんという新たな称号を得た。

関連記事

カードファイト!!ヴァンガードG かげろう 安城トコハ

pixivに投稿された作品 pixivで「安城マモル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230283

コメント