ピクシブ百科事典

竜神智恵

りゅうじんちえ

マジンボーンの登場人物。写真真ん中の人物。

CV:岡村明美

概要

12年前に失踪した竜神翔悟の母親。ボーン研究所の職員で、ボーンに纏わる事柄に関する研究の第一人者。優秀な技術者でもある。
24年前、始まりの魔神から始まる地球の危機を全て言い当てた研究結果を発表したが、当時は荒唐無稽で飛躍し過ぎる内容から研究所内では異端として誰からも相手にされなかった。
その研究の最中、ドラゴンボーンの探索中に氷川神社に立ち寄った際、出会った竜神健悟に一目惚れしスピード結婚、智子と翔悟の二児を儲ける。
2年後、結婚と妊娠(智子)を機に研究所を退職、自身の研究も個人的に行うようにしつつ、生活では主婦業に専念していた。
しかし12年前、ルークがボーンファイターとして覚醒したことで自身の仮説が正しいことが証明され、唯一の専門家であるとして研究所から戻ってくるよう要請される。
悩んだ末、家族が暮らす地球を守るため、研究者として復帰することを決意する。機密保持の関係で、その理由は子供達は勿論、夫にも伝えることは出来なかった。

現在はISSに一人で篭もり、地球製のボーンファイターが戦うために必要(実際は始まりの魔神を呼び出すための装置であり、ボーンファイターの戦場としての機能は副産物だったが)なリベレーション・コクーンの製作と更新に従事している。
出現する際に暗雲がハッキリと見えることにくわえ、警報も鳴るため、時には逸早くネポスの接近を感知するなどの役目を担う。

翔悟とはダークホークとの戦いの際、偶然の流れで12年振りに電話越しで対話を果たす。
流石に母の記憶がない息子は気づくことが出来なかったが、智恵は事前に来ていることを聞いていたため察することが出来た。しかし智恵はあえて自分が母であることを知らせず、母親のような温かみで翔悟を落ち着かせた。

家族を残してきたことをずっと負い目に感じており、翔悟の母親であることを伝えたとイアンに教えられた際も、合わせる顔がないと悩んでいた。
翔悟もまた恨んでこそいなかったが、日本に残した家族や、父と離別したリーベルトの不安、何より智恵本人の気持ちを慮ってあえて連絡しようとしなかった。
しかしイアンから、ずっと一人で戦ってきた智恵の思いを改めて知らされ、吹っ切れた翔悟の決意から、モニター越しにだが12年振りの再会を果たした。

顔立ちや髪型は智子に遺伝したが、自分のことを省みず誰かのために身を粉にする姿勢は翔悟に受け継がれている。
上司のイアンや先輩となる東尾とは古くからの同僚であり、東尾が翔悟を見て懐かしんでいたのはその為でもあった。

その後リベーレーションコクーンの完成形がネポス本星にあると踏み、ISSに転移してきたリーベルトを介して地球へ直行。生身で翔悟と体面し、息子達に守られながらネポスへ赴いてシュトルツ邸の祭壇へ向かう。そこで収集した写真からISSへと帰還し、コクーンを完成させた。

地球が重力場で圧壊する寸前、時間の魔神をISSから直接見て地球が完全静止している事を目撃しており、ボーンファイター以外でその状況を知っていた唯一の人間となった。

戦後は夢にまで見たの自宅へと戻り、家族と再会。以降は再び主婦業に専念している。そこでは1話における翔悟と智子と似たようなやりとりを披露している。

関連項目

マジンボーン
竜神健悟
竜神翔悟
竜神智子

pixivに投稿された作品 pixivで「竜神智恵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8930

コメント