ピクシブ百科事典

概要

麻雀牌の内、のようなあるいはが描かれているグループであり、以下9種が存在する。

  • 一索イーソー)…これのみ孔雀などの鳥の絵となっている。その理由は諸説有り。
  • 二索(リャンソー)…棒が2本(いずれも緑)
  • 三索(サンソー)…棒が3本(いずれも緑)
  • 四索(スーソー)…棒が4本(いずれも緑)
  • 五索(ウーソー)…棒が5本(緑4本+赤1本)
  • 六索(ローソー)…棒が6本(いずれも緑)
  • 七索(チーソー)…棒が7本(緑6本+赤1本)
  • 八索(パーソー)…WとMを縦に並べたような柄で、一応緑の棒8本から成っている。「パンツ」という俗称が存在。
  • 九索(チューソー)…棒が9本(緑6本+赤3本)

萬子筒子と共に「数牌」に分類される。

棒の由来は、竹串であるとする説や、を束ねたであるとする説がある。
絵の個数で数を表現している点は筒子と共通してるが、二・四・五以外は配置か配色パターンが異なっている。

二索、三索、四索、六索、八索は緑色のみで描かれており、役満の一種である「緑一色」のパーツとなる。
萬子と筒子には、ローカルルールを除くとそういった特別扱いされる機会が無いため、索子は数牌の中ではその分価値の高いグループとなっている。

関連タグ

数牌萬子 筒子 索子


麻雀牌 麻雀
緑一色    赤と緑
ローマ数字…縦棒で数を表現する他の例。
スペード…1のみが特殊な他の例。

関連記事

親記事

数牌 かずはい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「索子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412

コメント