ピクシブ百科事典

緑川犬介

みどりかわけんすけ

緑川犬介とは漫画及びアニメ作品、ベイブレードバーストの登場人物である。
目次[非表示]

CV:代永翼

人物

ベイブレードバースト』の主人公・蒼井バルトのライバルのうち一人。
米駒市の米駒小に通う腹話術で会話する変わった少年。小学5年生。所属クラスは5の1で、黄山乱太郎と一緒。
使用ベイはディフェンス型の「カイザーケルベウス」ベイクラブに所属しており、一人称は「ボク」である。(しかし、三話でバルトに負けた際の心の声では「」と言っていた)

両手に犬のようなパペット左手に「ケル」、右手に「ベス」を付けており、作中内ではずっと2体のパペットを通じて喋っている。ベイバトルをする際やパンを食べる時などは外しているものの、給食を食べる時や体育の授業を受けるとき、更には風呂に入るときにまで付けていたりする。

家が人形劇団を営んでおり、自身のケルとベスも劇に登場していたり、ダイナの弟の入院している病院の慰問に訪れたりしている描写がある。
しかし母曰く、そのせいで転校が多いのか最初は友達がうまく作れていなかった模様で本人も悩んでいた。しかし今はベイクラブに所属し一緒にベイを練習しており、友好関係は良好な模様。

また紅シュウには一度戦ってみたいと密かに思いを抱いていた模様で、ベイクラブに入部する条件としてシュウとの対戦を要求してきたりもした。

少し照れ屋なのか、憧れの紅シュウと対戦したときは終始顔が真っ赤になっていたり、対戦後にさっさと帰ってしまったのに最後家にわざわざバルトの家に出向いてベイクラブに入る旨を伝えたりといった描写がある。

ちなみに父親似である。

家族構成

名前は不明だが父と、ホビアニ名物の美人の母、緑川姫子(四話のクレジットにて判明)がいる。

漫画版

最初はケルベロス・セントラル・ディフェンスというベイを使用。その後敗者復活戦前にマスターブレーダー堀越(作中内では登場していないが)に開発を担当してもらいカイザーケルベウスが出来たという事がコロコロの付録のベイポスターで判明する。

紅シュウとの対戦シーンやバルトの家に行くシーンがなかったり、はぶかれている部分が多い。

余談

身長設定は明かされていないが、唯一判明している灼炎寺カイザとの比率から出すと150センチ程度とわかる。身長は黄山乱太郎と同程度。小学5年生の男児の平均身長は145センチなのでやや大きい。

関連タグ

ベイブレードバースト

パペットマペット:両手にパペットという部分で共通。
ダブラスM2(ロボットガールズZ):やはり両手にパペットを付けて会話する。更にベースカラーも犬介と同じ緑色と言う共通点がある。


























【これより先、10月17日放送の次回予告以降のネタバレに注意】




















アニメ版では引越しの後は出番と言った出番がなく、長期離脱状態となっていた。

そして、10月17日放送の次回予告にて再登場、以降は新たに小豆ベン率いる「ビースツ」のメンバーとなっている。

しかし、バルト達との友情にも変わりはなく常夏や日夏達と一緒に普通に米駒学園ベイクラブを応援してたり、キャプテンとしての責務を果たせず悩むバルトを気遣ったりする場面も見られた。


・ネタバレも踏まえた関連タグ
明日川タイヨウ中の人が出演していたTCGシリーズの登場人物。引っ越し先で新たな出会いがあり、再び主人公の目の前に姿を見せたという点で類似経緯を持つ。ちなみに、こちらの中の人ベイブレードの旧アニメ版でレギュラー出演していた事がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「緑川犬介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60399

コメント