ピクシブ百科事典

フリー・デラホーヤ

ふりーでらほーや

フリー・デラホーヤとは、ベイブレードバーストに登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:白石涼子

概要

スペインにあるベイブレードの名門チーム「BCソル」の元チームリーダー。
逆立った金髪とハイライトのない目が特徴。
しかし、実はブレーダーランキング世界1位の実力を誇る凄腕ブレーダーで、ベイブレードに関しては天才といって良い程の才能に恵まれた人物である。
他にも、100本ダッシュを終えても息切れ一つ見せないほか、蒼井バルト達が食事している際、森の中に入り、片手で枝に摑まり、懸垂運動をするほどのスタミナを持ち合わせている。

ヨーロッパリーグでランチャーを用い、ハインリヒと対戦した際は、開始数秒でバーストフィニッシュし、勝利してしまった。また、シスコ・カーライルのベイ「クライスサタン」との対戦時は、その攻撃を受け切った後、一気に解放し、バーストフィニッシュしている。

一方で、並外れた才能と実力を合わせ持ってしまっているが故に、本気を出してバトルをする事には退屈を感じてしまっている模様。
「ランチャーを使うとすぐに終わってつまらない」という考えから普段バトルをする際はランチャーを使わず手で回している程であるのだが、それでもその実力の高さに変わりはなく、バルトやクミチョーの入団テスト時には、左回転の特性を生かして難無く勝利している。

しかし、手で回す戦法は、傍から見ると手を抜いているようにしか見えず、更にフリー自身が時に相手の揚げ足を取る様な発言もする為、結果的に対戦相手をへの侮辱に繋がってしまい、激怒させてしまう事も少なくない。
他にも集合時間等をロクに守らない、「自分は勝つから」と代表を決める総当たり戦もサボる等、勝手気ままな行動が目立ち、普通なら注意されてもおかしくないのだが、他のチームメンバーはそれに疑問を持つどころか、むしろ彼の実力に頼り切っており、オーナーのクリスですら、ランキング1位の実力を持つフリーがいれば問題無く試合に勝てると考え過度な信頼を寄せていた節があり、何をしても咎めようとせず黙認していた為、結果的にその協調性の無さは、バルトやクミチョーを除く他のBCソルのメンバー達が、全体的に自分達の実力に過信していく要因になってしまっている。

この事実を見抜いていたアメリカのニューヨークブルズのオーナーであるアレキサンダー・ギルテンは、「昔は良いチームだったのに、すっかりダメになってしまった」、「チームをダメにしているのは君自身かもしれない」と痛烈に批判した上でフリーに移籍を持ち掛け、その言葉に思う所があったのか、フリーは自らの意志でBCソルを脱退。ニューヨークブルズに移籍する。
それを阻止しようとするバルトと本気のバトルによる1本勝負で勝利したフリーは、バルトに後の事を託す様に自身が使っていた練習場を譲り、その場を後にした。
フリーが抜けた後、それまで彼に依存しきっていたBCソルは、完全に弱体化を露呈してしまう事になり、連敗を重ねる事になった。

ニューヨークブルズで紅シュウと出会い、彼から「BCソルを見捨てたのか!?」と言われているが、「君にはそう見えるんだ…」と返しており、この事からも、フリーがBCソルを見限ったのは、彼なりの考えがあった事が伺われる。

使用ベイ

  • ドレインファブニル・エイト・ナッシング(dF.8.Nt)

北欧神話に登場する竜ファフニールをモチーフにしたベイ。
左回転し、レイヤーにラバーパーツが付いている。
このラバーが右回転のベイの回転力を奪い、自身の回転力を上げる

関連タグ

ベイブレードバースト ファフニール レイプ目
蒼井バルト 黄山乱太郎 シスコ・カーライル クリスティーナ・クロダ:元チームメイト
紅シュウ:チームメイト
ブルックリン:『Gレボリューション』に登場。外見はおろか、並外れた才能を持ったブレーダー、勝手気ままな行動が目立つ等、キャラクターが非常に似通っている。
木ノ宮タカオ竜牙暗闇左京白鷺城ルイ:左回転かつ、竜モチーフベイ使い。中でも竜牙は上記のフリーと同じ「手で回し、相手の回転を吸収したあと力を一気に解放する」戦法を披露した。

pixivに投稿された作品 pixivで「フリー・デラホーヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11381

コメント