ピクシブ百科事典

紅シュウ

くれないしゅう

紅シュウとは漫画及びアニメ作品、ベイブレードバーストの登場キャラクターである。
目次[非表示]

CV:榎木淳弥

人物

ベイブレードバースト』の主人公・蒼井バルトライバル
米駒学園に通う上達の早い天才ブレーダーで、クールな少年。実はバルトと仲がいい?小学5年生。所属クラスは5の2で蒼井バルトと同じ。
一人称は「オレ」
使用ベイはバランス型の「ストームスプリガン」
必殺シュートは「カウンターブレイク」「アッパーシュート」「真カウンターブレイク」
別名「ベイの神に愛されたエンジェルボーイ」

クールで冷静な言動の裏側に秘められた闘志を燃やしている少年。群れるのが嫌いで慎重に発言するため周囲からは無口だと思われている。
また、実力の高さと美形なところから女子にモテる。
しかし持ち前のメンタルと我慢強さの半面一人で抱え込むタイプのようであり、決勝戦に関わる重大な事を誰にも言わずに黙って隠そうとしていた。

日本最強ブレーダー「四転皇」の一人。
その強さはバルトと同時期にベイを始めたにも関わらず、ベイ歴たった半年で全国決勝へ進んでしまったり、テレビで10年に一人出るか出ないかの天才と言われる程。

しかしその裏では厳しい練習を積み重ねており、普段は屋上や公園で一人黙々と練習に励んでいる努力家な面がある。
「努力はあえて人に見せるものではない」という信念の持ち主なのか、そのことを自慢することはない。

塾に通っているらしいので成績は良いと思われる。
またベイの知識も豊富で、作中ではよく解説もしている。

毎試合後に前髪をさらりと掻き上げる。これは頭が痛いわけではなくただの癖であり、作者の森多ヒロ氏のTwitterによるとシュウの髪をかきあげるこのポーズはクールなシュウが一瞬誇らしさを表現するシーンという事で作者お気に入りのシーンでもある模様。

ちなみに特訓後にタオルから滝が流れる程汗をかく場面があり、これも「スポーツマンで代謝がいいからめっちゃ汗かきます!」と作者Twitterにて言及されている。

普段は長めに伸ばした髪で隠されている右目にうっすら傷跡がある。ベイを始めた後に付いた事以外何も判明しておらず、謎は深まるばかりである……。
こちらはアニ39話にて、白鷺城ルイとのバトルでストームスプリガンを吹き飛ばされた際付いた描写がされた。


父は学会、母は研究で忙しいらしく殆ど家にいないらしい。
そのせいか料理が上手らしく、作中内でお腹を空かせたバルトにカルボナーラを振る舞ったこともあった。
因みにエプロンは前あてのついた白と水色のエプロンである


蒼井バルト、灼炎寺カイザとは幼稚園の頃からの幼馴染

漫画版

最初はスプリガン・スプレッド・フュージョンという別のベイを使用していた。
その後wbbaクリエーター堀越という人物(作中内では出ていないが、コロコロチャンネルの動画に出ている)にスプリガンの進化案を自ら提案し作成を依頼したということがコロコロの付録のベイポスター(2016年5月号)また公式ガイドブックで判明する。

大人びた外見だが幼馴染であるバルト、シャカの前では言動が子供っぽく、(頻発される「ヤメロ!」「コロス!」や「だいじょうぶだ!」等)小学5年生らしさが垣間見える。

また、特訓している際にベイのスタジアムを12個近く破壊していたり、米駒自然公園で30㎏のタイヤを背負って神社の石段1000段3周特訓をしていたり、試合中のバルトの股間を思いっきり蹴り飛ばしたり、果ては幼稚園の時の芋ほりで何かとんでもない事をしたらしい(詳細不明)という事がおまけ漫画にて判明している。(口を滑らせかけたバルトには「見せたらコロス」と釘を刺している)

作者Twitter曰く、凝り性らしく、バルトに自転車のかっこよさを指摘された後に「正確にはクロスバイクという種類だ。中でもこのモデルはより上質な走りを体験できる車種でフォーク、バックフォークに振動吸収性に優れているカーボン……(以下略)」と普段無口な割に9行にわたって自転車を語っていた。

因みにこちらでのエプロンは腰に巻くタイプのクマちゃんエプロン。
愛用のアイマスクも変な目が付いており、けっこうおもしろいセンスをしている。



余談

公式にて身長設定は明かされていないのだが、灼炎寺カイザ(身長186センチ)と並んだ際の身長差から、140センチ前後なのではないかとも言われている。しかし小学5年生の男児の平均身長は145.2センチ。


関連タグ

ベイブレードバースト
蒼井バルト
幼馴染 ライバル クール 料理男子

pixivに投稿された作品 pixivで「紅シュウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111948

コメント