ピクシブ百科事典

白鷺城ルイ

しらさぎじょうるい

漫画及びアニメ作品、ベイブレードバーストの登場人物。
目次[非表示]

CV:朴璐美

概要

ベイブレードバースト』の主人公・蒼井バルトのライバルの一人。
「四転皇」の一人にして、紅シュウを前回の全国大会個人戦で破り、全国大会4連覇中の四転皇最強王者。団体戦では「ライドアウト」に所属している。

他のブレーダーの数10倍の練習をこなしており、彼曰く「夜中だろうと構わず練習する」

戦う価値がないブレーダーを「ダメなブレーダー」と徹底的にこきおろす。

ザックのパーティーのスペシャルゲストとして登場し、ヴァルキリーの超覚醒の兆しに気付いていない蒼井バルトに対し「お前はダメなブレーダーだ。自分のベイのことを何も分かっていない」「そのベイ(ヴァルキリー)がかわいそうだ」と言い放ち、彼の存在によってバルトはパーティー後苛立ちを隠せないでいた。

サイクロンベイスタジアムのお披露目ではザックにバルトとの試合を提案されたが、ライドアウトが全国大会開催期間中は対外試合を禁止している事に加え、「自分が戦うに値すると思った相手だけと戦う」という理由でバトルを断った。

全国大会個人戦を圧倒的な力で勝ち進み、準決勝でシュウと対決する。
シュウにバーストをとられてしまい、スピンフィニッシュで敗北すると思われたが、ロンギヌスが止まる直前にスプリガンが破損してバーストしたため辛うじて勝利。決勝戦に進出する。

決勝戦ではバルトにハイジャンプショットと真ジェットシュートでバーストをとられ、2対2の同点まで追い詰められるも、垂直飛びしながらの「ナイトメアショット」を繰り出し奮闘する。
しかしヴァルキリーより早くスタミナが尽きそうになり、敗北寸前に陥るが、スタジアムのヒビに引っ掛かったヴァルキリーがバースト(漫画ではスピンフィニッシュ)したため、4対2で優勝し5連覇を達成する。
だが、「アクシデントでの勝利など認めない!」と言い、再戦を要求するが、バルトは潔く敗北を認めた。

ベイブレードバースト神

ワールドリーグまで全くと言っていいほど登場せず。しかし、ワールドリーグ後に世界ランキング2位の称号を持つ、ビッグ5最後の一人であることが明かされた。
そして、満を持して登場すると、早速レッドアイに挑戦状を叩きつけ、進化したロンギヌスで彼の正体を暴いたうえでレジェンドスプリガンに勝利し、その後バトルを仕掛けていたバルトにも、1ポイントも与えずに格の違いを見せつけて勝利。
その後はフリーとのバトルで6回のドローの末、7回目のバトルでファブニルからバースト勝ちを奪う。登場して早々に、今まで以上の強さを見せつけていた。
ゴッドブレーダーズカップでは、ビッグ5が揃うBブロックを割り振られる。順調に勝ち進んでいたものの、Bブロック最後の試合でフリーに敗北。これでBブロックの1位と全勝もフリーに持っていかれてしまった。それでも、他のブレーダーには全て勝利していたことから、Bブロック2位で決勝トーナメント進出を決める。
準決勝では、シュウとの激しいバトルの末、ナイトメアロンギヌスを破壊されて敗北するもの、落ち込むどころが熾烈なバトルの中でその楽しさを思い出し、真っ二つになったロンギヌスを見ながら高笑いをしていた。

ベイブレードバースト超ゼツ

レジェンドブレーダーとして登場。挑戦にやってきたアイガとアキレスを、ブラッディロンギヌスで簡単にバーストさせるなど、実力はいまだ健在。
バルトとタイトルマッチを挑み、1stバトルではウイニングヴァルキリーをバーストさせるも、セカンドバトルではバルトの反撃にあってロンギヌスをバーストさせられてしまう。3rdバトルでは両者譲らず激しい戦い繰り広げた結果、スタジアムがそれに耐えられず崩壊。試合続行不可能となり決着はつかずじまいになった。
その後、アイガ、フブキ、乱次郎と3vs1のバトルを行い彼らを圧倒した。
ロンギヌスカップでは、優勝したアイガとバトルを行って惜敗。アイガの実力を認めて彼にレベルチップを渡した。その後は何故か全く登場しなくなり、ファイからも標的にもされていない。

ベイブレードバースト超王

レジェンドブレーダーとして登場。本作では『鬼』と称されている。レジェンド中のレジェンドとしてヒカルヒュウガからも知られている。
乱太郎から頼まれ自身がトレーニング場としている無人島『奇岩城』にて朝日兄弟とバトルを行い勝利した。
その後、鬼ダンジョンを突破した2人とランクアップバトルでまずヒカルと対戦し勝利。嵐が起きたことでヒュウガとのバトルは一旦休止となるが嵐が止んだあと自分の元へ来ようとして落下しかけたヒュウガを救出し、彼とバトルを行う。しかしその最中にレーン・ヴァルハラが乱入して中断。
その後レーンとバトルを行う際に彼から「余裕が消え、自分に恐れを抱く」と宣言される。結果的にレーンには敗北してしまうが、そのような表情を見せることは一切なかった。
レジェンドフェスティバルでは船でアリーナに来場する(ブレーダーの紹介の際に船に乗っていたので遅刻している説)。第一試合のバトルロイヤルではAブロックに選出されるが、他の4機共々ルシファーに吹き飛ばされて敗北。第二試合のタッグバトルではドラムとペアになり、ヒカル&乱太郎のペアとバトルを行う。
ヒカルの立てた作戦を一瞬で見抜き、ドラゴンに敢えて接触して覚醒モードにさせる。その後、ドラゴンとヘリオス&ラグナルクが激突し、ラグナルクがバースト。自身は満身創痍のヘリオスに突撃する。ヒカルは執念で渾身のゾーンカウンターを放つが、レイジングアッパーで迎え撃って勝利した。

使用ベイ

  • ロストロンギヌス.N.Sp

破滅の槍『ロンギヌス』とドラゴンモチーフのアタックタイプ。
ベイブレードバースト初の左回転ベイ。
ゼノエクスカリバーと同じように3層構造となっており、さらにレイヤーにメタルパーツが搭載されているため重みのある強力な一撃を与えられる。
ディスクはダウンフォースを発生させ、スパイラルドライバーは回転方向と逆に突き出たスパイクが強力な機動力をうむ。

  • ナイトメアロンギヌス.Ds
2代目ロンギヌス。
レイヤーとディスクが一体化しており、ドラゴンは2体から4体に増えているためさらに重量が上がっている。ディスクが進むとレイヤーについている羽と一体化して攻撃力が上がる。
デストロイドライバーは歯車状の軸先による高い機動力と、その上に取り付けられたフリー回転するガードパーツによる姿勢制御能力を併せ持つ。

  • ブラッディロンギヌス.13.Jl
3代目ロンギヌス。
ドラゴンは4体から5体に増え、さらにレイヤーとディスクが一体化してない形に戻ったためさらに重量が上がっている。
槍とメタルドラゴンが一体化した強力なアッパー攻撃が可能。

13ディスクは左回転でダウンフォースを生み出し、機動力を上げるコアディスク。

ジョルトドライバーはラバー版スパイラルといった形でグリップ力が上がっているためさらに機動力が上がっている。また、レイヤーによるアッパー攻撃を決めやすくするためか、他のドライバーと比べ背が低いことが特徴。使い込みによる軸先のすり減りで背が低くなっていくラバー軸のドライバーはこれまでも存在したが、それらの要素なしで純粋に背が低いとされているラバー軸のドライバーはジョルトが初である。

  • レイジロンギヌス.Ds'3A.
5代目ロンギヌス(4代目は灰嶋ロダンが使用)。今回はルイが使用するので、恐らくブラッディロンギヌスからの進化(ホビー的にはツヴァイロンギヌスからの進化)。リングとシャーシが合わさった超巨大なアッパー刃が特徴。
デストロイダッシュドライバーの基本性能は、ナイトメアロンギヌスで使用されていたデストロイドライバーと同様だが、ドライバーをレイヤーにロックするためのバネが硬いものに強化されており、バーストしにくくなっている。

  • デススパイラル

ロストで使用。相手の攻撃を正面から叩き潰す。ラッシュシュートのような連続攻撃も可能。

  • ナイトメアショット
勢いをシュートに付ける。腕を回してシュートの出どころを隠す。

  • メタルドラゴンクラッシュ
ナイトメアで使用。ダメージを受ける事でディスクのメタルドラゴンが移動して攻撃力が上がる。壁に当てることで意図的に移動させることも可能。

  • ドラゴンスクリーム
ブラッディで使用。相手に接触した瞬間、高速でメタルドラゴンを相手に連続ヒットさせる。

  • ブラッディスコール
ブラッディで使用。空中に飛び上がり、相手に強力なスマッシュ攻撃を与える。紫色の雨のようなエフェクトが入る。

  • レイジングアッパー
レイジで使用。超巨大なアッパー刃で攻撃する。

余談

・ルイを演じている朴璐美は、「メタルファイトベイブレード爆」に登場したダミアン役で出演していた。

・髪の毛は「炎のような髪」ではなくガチの炎。

関連タグ

ベイブレードバースト
茶掛豪:チームのキャプテン

・左回転かつ、竜モチーフベイ使い。
木ノ宮タカオ
竜牙
暗闇左京
フリー・デラホーヤ
ボア・アルカセル
御朱印スオウ
金道フミヤ
灰嶋ロダン
ブリント・デボイ

関連記事

親記事

ベイブレードバースト べいぶれーどばーすと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白鷺城ルイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175482

コメント