ピクシブ百科事典

目次[非表示]

cv戸松遥

概要

『超王』の主人公で同主人公である朝日ヒュウガの兄。髪色は青で鶏のトサカのようなかなり特徴的な髪形をしている。乱次郎からは「トサカ野郎」と呼ばれている。「ボンバーズ」に所属している。
負けず嫌いだが、相手のベイを分析するなど脳筋なヒュウガと違って頭も切れる。動物が苦手なのか、レーンのペットのハリネズミに泣くほどビビっていた。

GTアリーナでのスペシャルマッチ後にヒュウガとともにスパーキングベイを作り、バルトに挑戦するが敗北。その後乱太郎ともバトルしたが333連敗と惨敗したが後にリベンジを果たしBランクブレーダーとなった。
その後、スペインの森の中でフリーと出会い、ヒュウガと協力して彼に挑むが敗北。フリーの強さを見るため彼の修行を真似して後のバトルで善戦するがカウンターモードになったファブニルのミラージュクローを受けて敗北。次にフリーとバトルしたヒュウガがハイペリオンとの共鳴に成功したと聞いて焦るがバルトから助言をもらい、後に行ったタッグバトル中にヘリオスとの共鳴に成功しタッグバトルには勝利した。
帰国後、無人島の奇岩城へ行き白鷺城ルイと出会い、ヒュウガと共に挑むが一瞬でバースト負けする。その後ルイを追いかけて奇岩城内の鬼ダンジョンに挑戦して無事に突破し、ルイと再び勝負するがロンギヌスのレイジングアッパーをくらい敗北した。

使用ベイ

  • キングヘリオス.Zn1B

太陽神ヘリオスモチーフの左回転のベイブレード。バランスタイプ。
リングとシャーシを組み替えることで5枚刃のアタックモードと10枚刃のディフェンスモードを切り替えることができる。
ゾーンドライバーはシャープ軸の周りをフリー回転するガードパーツがついていることで急加速が可能。
当初スパーキングシュート(ランチャーから火花が飛び散る最高のシュート)はできなかったが後に成功させる。

  • キングストライク

ゾーンドライバーのガードパーツで急加速して攻撃する。

  • ゾーンカウンター
ゾーンドライバーのガードパーツでスタジアムを周回してカウンターを仕掛ける。

  • ツインストライク
ヒュウガとの合体技。右回転のハイペリオンと接触した後、レイヤーをスタジアムに接触させて大きな火花を発生させて二機同時に突撃する。

関連イラスト


関連タグ

ベイブレードバースト 朝日ヒュウガ

pixivに投稿された作品 pixivで「朝日ヒカル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 487

コメント