ピクシブ百科事典

朝日ヒュウガ

あさひひゅうが

ベイブレードバースト超王の登場人物。 (メイン画像右の赤髪の少年)
目次[非表示]

cv藤原夏海

概要

『超王』の主人公で同主人公である朝日ヒカルの弟。髪色は赤でタケノコみたいな形をしており、バルト達からは「タケノコ頭」と呼ばれている。
「ギュンギュン」「ガッキガキ」といった擬音が口癖。朝に弱い。
一直線な性格で頭を使った戦いは苦手なため、とにかく相手に突っ込んでいく戦い方をする。このスタイルはバルトからは共感されている。
非常に負けず嫌いで、負けると再戦を要求することが多い。

ヒカルと同じくGTアリーナでのスペシャルマッチ後にスパーキングベイを作成するが、どのようなタイプを作りたいのかの方向性が決まっておらず悩んだ末に直感で作成した。作成後、バルトに挑戦するが一撃でバースト負けする。その後、シスコともバトルして333連敗したが、後にリベンジに成功した。

その後、バルト達からの紹介でフリー・デラホーヤと出会いヒカルとタッグを組んでバトルしたが「ミラージュクロー」で一掃された。フリーの強さを見るため彼の修行を真似するが、瞑想中に寝てしまい、それが原因なのかフリーからは「戦うに値しない」と判断され手回しファブニルとの対戦になり、低速バーストで敗北。泣きの一回を頼みEXバトルをすることになるが乱太郎たちから「攻撃するな」と言われ、ガンガン行きたいという自分の気持ちと勝つためのアドバイスとの板挟みになり悩む中、ハイペリオンとの共鳴に成功し彼から「攻撃しないのか?」と問われ、自分のバトルスタイルを貫くことを決意。しかしバトル中に見せた気迫がレーン・ヴァルハラと重なったことでフリーを本気にさせてしまい「ミラージュクロー」をくらって敗北。後に行ったタッグバトルでは二試合ともバーストフィニッシュを決められてしまった。

帰国後、奇岩城へ行き白鷺城ルイと出会い、ヒカルとともに挑むが一蹴される。その後ルイを追いかけて奇岩城内の鬼ダンジョンに挑戦して乱太郎と協力して突破。
ヒカルvsルイの終了後、嵐が起きたためバトルが出来ず待つことになるが、嵐がやむや否や真っ先にスタジアムへと向かいルイと対決する。しかし、途中でレーン・ヴァルハラが乱入してバトルが中断。その後のレーンvsルイの前にレーンと会話をし、彼から「スピードだけで戦略がない」と言われバトルをすることになるが、彼のベイの能力の前に触れることも出来ずに敗北した。

帰国後、ヒカルがフェスティバル出場権を獲得した事を乱太郎から聞かされる。純粋にヒカルを称賛して自身のやる気にも繋げたが、ヒカルが最後の出場者でヒュウガは出場出来ないと伝えられ、ショックでその場を飛び出してしまう。
その後無我夢中で海辺を走っていたところ、買い物帰りの父と出会い、『100倍強くなる飯』(激辛パスタみたいなもの)を作ってもらいそれを食べて元気を取り戻した。食べ終わった後はボンバーズに戻り、ヒカルと共に特訓を始めた。

虹龍ドラムと出会って行ったバトルでは、初戦は勝利したがその後は全部負けた。しかしドラムからは根性を高く評価された。
ドラムとのバトル後、乱次郎がレーンとのバトルで負傷し、ラグナルクが破壊されてしまった事で繰り上げ出場によってフェスティバル出場が決まった。その経緯から素直に喜べないヒュウガだったが、乱次郎から発破をかけられ、フェスティバルへの決意を高めた。

使用ベイ

  • スーパーハイペリオン.Xc1A

太陽神ハイペリオンモチーフの右回転のベイブレード。アタックタイプ。
リングはアッパー形状をしている。シャーシも巨大なアタック刃が付いており、組み合わせることで超巨大な攻撃刃になるのが特徴。
エクシードドライバーはラバー軸+周りのフリー回転ガードパーツにより凄まじい機動力を生み出すことができる。

  • スーパーストライク

エクシードドライバーで加速して攻撃する。

  • ツインストライク
ヒカルとの合体技。左回転のヘリオスと接触した後、レイヤーをスタジアムに接触させて大きな火花を発生させて二機同時に突撃する。

関連イラスト


関連タグ

ベイブレードバースト 朝日ヒカル

pixivに投稿された作品 pixivで「朝日ヒュウガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1163

コメント