ピクシブ百科事典

罪刑法定主義

ざいけいほうていしゅぎ

ある行為を犯罪として処罰する場合、事前に法律で定めるもの

ある行為を犯罪として処罰するために、立法府が犯罪とされる行為の内容及びそれに対して科される刑罰予め法律明確規定しておかなければならないとする原則のこと。
為政者や担当官吏の気分や心象、その場の専断で勝手に刑罰や罪状を決めることを防ぎ、「法に反しないかぎり、国民の活動の自由と生命を保障する」という自由民主主義国家に必要不可欠な概念でもある。

しかし、極端なことを言ってしまえば、倫理的に明らかに許されない事であっても、法律で犯罪と決められていなければ刑罰を科す事は難しくなるということでもある。

コメント