ピクシブ百科事典

羽田闘争

はねだとうそう

羽田闘争とは、1967年(昭和42年)10月8日と11月12日に発生した新左翼の暴動。

第一次羽田闘争

当時の首相佐藤栄作ベトナム戦争中の南ベトナムを含む東南アジアを訪問することとなり、それに反対する反日共系全学連の学生が各党派ごとにヘルメットを被り、角材で武装し羽田空港突入を目論んだが、空港手前の橋に阻止線を張っていた警視庁機動隊と衝突した。
当時は機動隊の装備が貧弱であり、800人近い機動隊員が投石や角材で乱打され重軽傷を負った。

このうち弁天橋において、学生が機動隊の警備車を乗っ取って暴走させ、仲間の学生1人を轢き殺した。
午後1時に催涙ガスによって学生が検挙され、暴動は鎮圧された。

佐藤首相は午前10時ごろ、無事にベトナムへ向けて飛び立った。

第二次羽田闘争

前回から一ヶ月後、今度はアメリカに訪問する佐藤首相を妨害しようと羽田空港近くで再び機動隊と全学連が衝突したが、機動隊は大楯を導入していたため角材攻撃が通用せず、学生が大量に逮捕された。

関連記事

親記事

極左暴力集団 きょくさぼうりょくしゅうだん

兄弟記事

コメント