ピクシブ百科事典

良寛

りょうかん

良寛とは、江戸後期の禅僧・歌人・漢詩人・書家。俗名は山本栄蔵、字は曲。大愚と号したと伝えられる。

宝暦8年(西暦1758年)~天保2年(1831年)

江戸時代の、越後(新潟県)出雲崎の人。曹洞宗の僧侶。
父と対立して18歳で出奔し、修学と托鉢の生活を送った。
諸国を行脚した後、帰郷して越後国上山の五合庵などに暮らし、農民や村童たちに親しまれた。
その伝記は、晩年の門弟・貞心尼の『蓮の露』によって伝えられている。

関連タグ

書道 漢詩

pixivに投稿された作品 pixivで「良寛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2316

コメント