ピクシブ百科事典

薄刃ニッパー

うすばにっぱー

刃先が薄く、鋭角状に形成されたニッパーの事。
目次[非表示]

概要

主にスチロール樹脂素材で形成されたプラモデルのランナー・ゲート切断用に開発されたニッパーの一種。

これまでの模型用ニッパーは対象の切断を刃先より使用者の握力に依存していたのに対し、薄刃ニッパーは鋭利な刃先での切断に依存している。このため軽い力での対象の切断が可能で、切断時に発生する独特のスナップ音がほとんど発生せず、手首に来る負担もかかりにくい作りになっている。
また使用されているバネもそれまでメジャーだったトーション式ではなく、圧縮コイル式のものが使われているケースが多く、以前のニッパーとはほぼ別物と言ってもよいほど一線を画した代物となっている。

その特殊な製造工程故に値段は最低でも原価2000円を超えるが、これを持っている持っていないではプラモデル製作の進捗も雲泥の差が出る。
近年のプラモデルは細かいパーツ・ゲートも多く、特にバンダイ産のものは接触部分が細い楔型でランナーが成形されているため、モデラーは「むしろ持っていなければ論外」と言っても過言ではないほどの重要アイテムとなっている。
少なくともこれを買う見返りはお値段以上が保証されるのは間違いない。

刃先が鋭利故に慎重な管理を要求されるのは言うまでもないが、強度については割と頑丈でスチロール樹脂やABS以上に硬いものやプラ板などの極端に面積が大きいものを切るなどのバカな行為さえしなければそう簡単には破損することはなく、基本的には長く使えるものばかりである。アルティメットニッパーを除けば。
ただし刃先は金属で出来ているため、塩分を帯びている指先で直接触れるのはなどの劣化につながりやすい(一般のニッパーにも言える事だが…)。なので出来ればゴッドハンドから発売されているニッパーメンテナンスセットで定期的にメンテナンスをする事も推奨される。

代表的な薄刃ニッパー

タミヤ

薄刃ニッパーの中では性能も安定しており、最も汎用性が高い逸品。
グレードアップ版の先細薄刃ニッパーも発売されたが、通常の薄刃ニッパーでも充分なスペックを誇る。上述通り楔型ゲートの多いバンダイ製プラモデルとは凶悪的に相性が良く、皮肉にも(プラモデル産業で)競合相手なのに切断に最も適したニッパーとなっている。

グッドスマイルカンパニー

バネに圧縮式の鉄製バネではなくプラスチックバネを使用している珍しい商品。黒(ミディアム)と黄色(ハード)の2種があるが、前者はほぼ使い物にならないのは有名な話。
タミヤよりも切断力が強く頑丈だが、その分切断面に巻き込む面積も大きくパーツがえぐれやすいデメリットも抱えている。その結果タミヤよりも慎重な取り回しを要求される曲者となっている。

ゴッドハンド

両刃使用のニッパーも発売してはいるものの、薄刃ニッパーはほとんど片刃形状。
もはやパーツを切り離すというより削ぐと表現した方が妥当とも言える切断力を誇る代わりに破損リスクも大きいアルティメットニッパーがあまりにも有名。
アルティメットニッパーの切断力を落とした代償に脆さをカバーしたブレードワンニッパーなども存在するが、こちらも他社製より切れ味で群を抜いているのは変わらない。近年名前を見かける事が多くなったコトブキニッパーという商品もここからの販売であり、言わばこれもブレードワン同様に亜種のような存在である。
なお、バンダイ社とはラブライブ!サンシャイン!!のFigure-riseBustシリーズと連動した限定版ブレードワンニッパーを発売するほど親密な関係だが、実は片刃構造という形状から垂直面での切断を要求されるゴッドハンド社製ニッパーとバンダイ社製プラモデルの楔型ゲートとの相性はあまり良くなかったり。

関連タグ

ニッパー プラモデル ニパ子

コメント