ピクシブ百科事典

蝶の短剣-エルマ

ちょうのたんけんえるま

遊戯王OCGに登場する装備魔法の一つ。

カードテキスト

装備魔法
装備モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
モンスターに装備されているこのカードが破壊されて墓地に送られた時、
このカードを持ち主の手札に戻す事ができる。

概要

装備したモンスターの攻撃力を300ポイント上昇させる装備魔法
攻撃力強化は決して悪い効果ではないが、少々上昇率が心もとない。装備魔法としてこのカードを採用するくらいなら、もっと強力なカードが幾らでもあると言わざるを得ない。そんなわけで、このカードをデュエル中に見る事はまず無く、特に現在の公式デュエル大会においては誰一人として使用者が居ないという不遇のカードである。

……なんて紹介ができた方がまだよかったのかもしれないが、実情は違う。
確かにこのカードをデッキに投入するデュエリストが居ないのは事実である。問題はその本当の理由が、現在はこのカードが禁止カードに指定されているから、という点である。

確かに普通の「装備魔法」としては力不足であることは否めないが、このカードの真価はテキストの後半に記されている。装備魔法は基本的にフィールドから離れると即座に効力を失ってしまうため、除去効果に弱いという弱点が存在する。しかしこのカードは、破壊された場合はすぐさま墓地から手札に回収することができる。しかもその効果に上限が無いため、場合によっては不死”蝶”の如く何度でも復活するのである。

そして、その無限の復活力とこのカードが「装備魔法」であることを悪用したコンボが横行してしまった。

このカード、復活に上限が無いだけでなく、自分のカードで破壊しても復活できる。しかも、「1ターンに一度」等のような発動に関する制限も一切無い。そこで鉄の騎士 ギア・フリードにこのカードを装備させ、ギア・フリードの効果で即座に破壊、すぐさま回収しては再度発動、という手順を繰り返す事で「1ターン内に無限に(装備)魔法カードを発動させられる」状況を作り出せる。そして「(装備)魔法カードの発動をトリガーに効果を発動する別のカード」を用意すれば、その効果を無限に発動できてしまうのだ。
例えば、

  • 魔法の操り人形:魔法カードが発動する度に魔力カウンターを自身に乗せ、その魔力カウンターの数×200ポイント攻撃力を上昇させる効果モンスター。一個当たりの強化率は小さいが、乗れられる魔力カウンターの数に上限が無いため、上記コンボと併用した場合は実質攻撃力無限大。しかも自分の魔力カウンターを2個取り除くことで相手のモンスターを効果破壊できる。この破壊効果も魔力カウンターが足りなくならない限り、1ターン中に何度でも使用可能。つまり相手モンスターを効果によって一掃した上で無限に上昇する攻撃力による一撃必殺が可能となる

  • 魔法吸収:魔法カードが発動する度に自分のライフポイントが500回復する永続魔法。自分のライフを無尽蔵に回復することができる。これだけだと勝利には直結しないが、自分がライフを回復する度に相手にダメージを与えるビッグバンガールを組み込んだ場合、そのままゲームエンドに持ち込む事が可能

  • 王立魔法図書館:魔法の操り人形と同じく、魔法の発動によって魔力カウンターを溜め、その魔力カウンターを取り除くことで効果を発揮する効果モンスター。こちらはステータスは変動しないが、あろう事か無限ドローが可能となる。一連のコンボの中で最も凶悪と言え、事実このコンボが最も流行った。封印されしエクゾディアなどをデッキに仕込んでおけば、上述したカードよりも圧倒的に小さな(もはや無いに等しいくらいの)リスクで「勝利」の二文字を得ることができる。

そんなわけで本来想定されていた以上の動きを見せるようになり、一気に悪目立ちするようになってしまう。そして最終的には禁止カードとなり、デュエルの舞台から退場を余儀なくされてしまったのだった。そしてこのカードの禁止により、割を食ったのが効果モンスター「ガーディアン・エルマ」である。
元々ガーディアン・エルマと蝶の短剣ーエルマは、それぞれガーディアンモンスターとそれに対応する装備魔法としてデザインされたカードだった。ガーディアンモンスターは対応する装備魔法が無ければ召喚に制限が掛かるため、採用するなら両方とも投入するのが基本である。ところが蝶の短剣ーエルマが禁止になってしまったため、ガーディアン・エルマに対応する装備魔法がデッキに入れられなくなってしまった。これによりガーディアン・エルマは「手札から場に出すときは必ず裏側守備表示」「特殊召喚不可」という二重の足枷を嵌められる羽目に。一応裏側守備表示でセットすることはできるもののステータス自体は低く、わざわざ場に出して戦闘で活躍させるのは攻めるにしても守るにしても微妙。しかもガーディアン・エルマの効果は召喚・特殊召喚時にしか発動できない(反転召喚では発動できない)。つまり蝶の短剣ーエルマが無いために効果の発動条件が満たせないという三つ目の枷までついてくる始末。彼女は何も悪い事はしていないというのに……。

なお、装備しているモンスターがフィールドを離れるなどして「破壊されず」墓地に送られると回収できない。勿論除外効果もアウトである。ただ、一度コンボが走り始めると止める手立てがないに等しく、ただ相手の戦力拡大を指を咥えて見ていることしかできない場合が多かった。それもまたこのコンボが凶悪とされる要素の一つと言える。

pixivに投稿された作品 pixivで「蝶の短剣-エルマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 274

コメント