ピクシブ百科事典

覇玉

はぎょく

覇玉とは「マギ」に登場するキャラクター、練紅覇と練紅玉のカップリング。
目次[非表示]

概要

マギ』に登場するキャラクター、練紅覇練紅玉のカップリングである。

練紅覇は煌帝国第三皇子にして武将であり、練紅玉からは三兄にあたると思われる。
華奢な風格に反してかなりの戦闘狂であり、馬車を襲った山賊を容赦なく斬殺した。
練紅玉は煌帝国の現皇帝の第八皇女である。
迷宮攻略者であり、水を操る悲哀と隔絶の精霊ヴィネアの金属器使い。髪に刺している簪がその金属器であり、魔装によって剣に変えることが可能。

華南平原の戦いにて二人が西軍の団長を務めるが、紅玉がシンドバッドゼパルに操られ、紅覇を押さえてしまった。

共通点


練紅炎および練紅明の腹違いの弟妹で、二人とも同い年(単行本第20巻時点で19歳)。
だが紅玉は紅覇を「お兄様」と呼び目上として見ている。
普段は「少し高慢だが気の良い可憐な少年・少女」として振る舞っているが、戦闘となると一変し容赦はしない。

某戦闘民族もそうだが、二人とも髪の色が赤系統。

ガイドブック『マギ~マギ千夜一夜物語~』(著:大高忍)によると、二人とも魔力量および総合戦闘能力は5段階中4と互角である。

兄達に比べてかなり背が低い(※)紅覇であるが、原作でこの二人が並んだ機会が少なく紅覇の方を高く書いているイラストが半分以上を占める。しかし実際は紅玉のほうが5cm背が高い。

※ただし新章では紅覇が高身長(アリババより高い)になって登場した。

相違点

紅覇はアラジンのことを気に入っているが、紅玉は「ウーゴくん対ジュダル」の一件でアラジンとは犬猿の仲(だが新章にて徐々に打ち解けている)。

紅覇は面識もないのに自分を保身のダシにしたアリババを苦々しく思っており、紅玉が彼を「アリババちゃん」と呼び慕っていたことに戸惑っていた。
紅玉はアリババとシンドリア滞在中に親しくなり、「仲良しなお友達同士」と公言している。

ガイドブック『マギ~マギ千夜一夜物語~』(著:大高忍)によると、身体能力・知力・統率力は紅覇が、技術は紅玉が勝っている。

関連イラスト

シスコン紅覇ちゃん
【マギ5】ジュダ紅中心詰め
ピンク系タレ目女子かわいい
姫様と王子様



関連タグ

マギ 練紅覇 練紅玉 煌帝国 皇女 皇太子

pixivに投稿された作品 pixivで「覇玉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 636725

コメント