ピクシブ百科事典

迷歯類

めいしるい

迷歯類とは、デボン紀後期〜白亜紀前期に存在した古代生物である。迷歯亜綱とも。

魚類型の先祖からこの類の基本的な型のイクチオステガ目を生じ、ペルム紀のラキトム目、三畳紀の巨大型の全椎目となっていったと考えられている。

複数の分類群の寄せ集めであったことが発覚し、解体する考えが強い。

→詳しくは分椎類またはクラッシギリヌスへどうぞ

関連記事

親記事

両生類 りょうせいるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「迷歯類」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 265

コメント