ピクシブ百科事典

迷歯類

めいしるい

迷歯類とは、デボン紀後期〜白亜紀前期に存在した化石両生類である。迷歯亜綱とも。
目次[非表示]

概要

オオサンショウウオイモリのような形をした有尾の両生類で、の断面を見ると、エナメル質の表面が複雑に折れ込んでいて、曲りくねった線を示すのでこの名がある。骨頭は骨板で覆われ、頭頂部には必ず松果窩という小孔がある。このように頭蓋が堅固なので堅頭類ともいわれる。デボン紀末から三畳紀末まで栄えた。魚類型の先祖からこの類の基本的な型のイクチオステガ目を生じ、ペルム紀のラキトム目、三畳紀の巨大型の全椎目となっていったと考えられている。

特徴

普通以下の特徴を持つ。

  • 迷路歯。顎骨の縁に並んでいるだけではなく、口蓋前部の平らなところにも生えていた。
  • 頭骨は極めて堅固で、頭頂部に松果体孔と、後面の両側には耳切痕という鼓膜が張られていた陥凹があった。
  • 魚類では鰓弓の一部であった舌顎骨が鐙骨という細長い骨に変化し、鼓膜の振動を内耳に伝達していた。
  • 陸上の重力に抗するため、四肢と肢帯が発達していた。
  • 椎骨は側椎心、間椎心、神経弓という3つの要素からなり、それが頑丈に関節することによって地上で-体を支えることが出来るようになった。これらの骨の特徴が分類の大きな基準になる。
  • 多くの種で外鰓を持った幼生が確認されている。
  • 多くの種で側線器官が見られる。

関連タグ

両生類 イクチオステガ クーラスクス

pixivに投稿された作品 pixivで「迷歯類」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント