ピクシブ百科事典

醍醐冬香

だいごふゆよし

醍醐冬香とは江戸時代中期の公家。
目次[非表示]

重要

桃園天皇(116代)・後桜町天皇(117代)・後桃園天皇(118代)の三帝にわたって仕えたが、若くして薨去したために正三位・権中納言止まりだった。黒田継高の娘、厚姫と結納まで交わしていたが早世した。父は右大臣醍醐経胤。弟に権大納言醍醐輝久がいる。

経歴

宝暦8年(1758年)に叙爵。以降累進して侍従左近衛権少将・左近衛権中将を経て、明和元年(1764年)に従三位となり、公卿に列する。明和4年(1767年)に権中納言に任じられ、明和9年(1772年)まで務めたが、同年に薨去した。享年22。

関連項目

朝廷 公卿 醍醐家

コメント