ピクシブ百科事典

醍醐忠順

だいごただおさ

醍醐忠順とは江戸時代末期から明治時代の公卿、華族。
目次[非表示]

概要

父は内大臣醍醐輝弘、母は鷹司辰子(関白鷹司政煕の娘)。官位は正二位、権大納言、明治維新は侯爵貴族院議員

プロフィール

時代江戸時代末期ー明治時代
生誕文政13年3月17日(1830年4月9日
死没明治33年(1900年)7月4日
官位正二位、権大納言侯爵
主君仁孝天皇孝明天皇明治天皇
氏族醍醐家
父母父:醍醐輝弘、母:鷹司辰子(鷹司政煕の娘)
兄弟忠善忠順
家女房
忠告忠敬忠貞忠直、好子、親子


経歴

天保2年(1831年)従五位下、天保14年(1843年)に従三位、文久3年(1863年)に権大納言に就任した。慶応4年(1868年)に参与、同年に大阪府知事、明治17年(1884年)の華族令施行では侯爵に叙爵された。明治23年(1890年)に貴族院議員に就任した。

家族

系図

後陽成天皇一条昭良醍醐冬基冬熙経胤輝久輝弘醍醐忠順

系譜

父母
父:醍醐輝弘
母:鷹司辰子(鷹司政煕の娘)
子女
男子:醍醐忠告
男子:醍醐忠敬
男子:一条忠貞
男子:醍醐忠直
女子:醍醐好子(賀陽宮邦憲王
女子:醍醐親子(鶴殿忠善夫人)

従兄弟
四条隆謌
四条隆平
四辻公積
中院通富
鷹司輔煕
華園摂信
徳大寺公純
九条幸経


醍醐忠重
賀陽宮恒憲王

関連項目

朝廷 公卿 華族 侯爵 醍醐家

関連記事

親記事

醍醐家 だいごけ

兄弟記事

コメント