ピクシブ百科事典

四条隆謌

しじょうたかうた

四条隆謌とは江戸時代後期から明治時代の公家、華族、陸軍軍人、後陽成天皇の男系子孫。
目次[非表示]

概要

権大納言四条隆生の次男で醍醐輝久の孫。官位は正四位下・左近衛権少将・明治維新後は伯爵後に侯爵陸軍中将

プロフィール

時代江戸時代末期ー明治時代
生誕文政11年9月9日(1828年10月17日
死没明治31年(1898年)11月24日
主君仁孝天皇孝明天皇明治天皇
氏族四条家
父母父:四条隆生、母:家女房、養父:四条隆美
兄弟隆美隆謌隆平
正室:銈姫(黒田長溥の養女、奥平昌高の娘)、継室:春子(中井好馬の長女、土方久元の養女)
子女実輝隆愛、加根子


経歴

安政5年(1858年)に廷臣八十八卿列参事件に加わり、尊王攘夷となるが文久3年(1863年)に八月十八日の政変で失脚し三条実美三条西季知壬生基修東久世通禧錦小路頼徳澤宣嘉と共に長州に向かった。王政復古で京都に戻り、戊辰戦争では中国四国追討総督などに就任した。明治14年(1881年)に陸軍中将、明治17年(1884年)に伯爵に叙爵。明治24年(1891年)に侯爵に昇爵し貴族院議員に就任した。

外部リンク

四条隆謌 - Wikipedia

関連タグ

朝廷 公家 四条家 伯爵 侯爵 陸軍

関連記事

親記事

四条家 しじょうけ

子記事

コメント