ピクシブ百科事典

醍醐冬基

だいごふゆもと

醍醐冬基とは江戸時代前期の公卿、清華家の一つ醍醐家の祖。
目次[非表示]

概要

父は後陽成天皇の皇子で摂関家の一つ一条家の養子となった。一条昭良、官位は正二位、権大納言

プロフィール

時代 江戸時代前期
生誕 慶安元年6月14日(1648年8月2日
死没 元禄10年7月14日(1697年8月30日
官位 正二位、権大納言
主君 霊元天皇東山天皇
氏族 一条家醍醐家
父母 父:一条昭良、母:西洞院時直の娘
兄弟 一条教輔冬基
妻  藪嗣孝の娘
子女 醍醐冬熙徳大寺公全、綱姫(津軽信興室)


生涯

延宝7年(1679年)に従兄弟霊元天皇の詔によって一家をたて醍醐家を創始した。延宝8年(1680年)に権中納言に就任。天和元年(1681年)に左衛門督。貞享元年(1684年)に権大納言に就任した。

系譜

父:一条昭良後陽成天皇の第九皇子)
母:西洞院時直の娘
妻:藪嗣孝の娘
男子:徳大寺公全
妻:不詳
男子:醍醐冬熙
女子:綱姫(津軽信興正室)

関連項目

朝廷 公卿 一条家 醍醐家

初代醍醐家第2代醍醐家
醍醐冬基醍醐冬熙

関連記事

親記事

醍醐家 だいごけ

兄弟記事

コメント