ピクシブ百科事典

醍醐家

だいごけ

醍醐家は公家の家格の清華家の一つ。
目次[非表示]

重要

五摂家の一つの一条家の分家(新家)。
江戸時代前期一条昭良の次男冬基が創始した。家禄は、312石。家紋藤原氏と同じ下がり藤

歴史

江戸時代

延宝7年(1679年)に従三位左近衛中将となり公卿に列した一条兼遐(昭良)の次男・冬基が、同年、冬基の従兄弟にあたる霊元天皇から「醍醐」の家名を下賜され、一条家から分家して創始された。家禄は、312石。通字は特に決まっていないようだが、「」「」「」などが見られ、幕末以降は「」で一定しているようである。
昭良は後陽成天皇の第九皇子であり、皇室の血筋を男系で引き継いでいる。途中、第3代当主の兼潔は、初めはなかなか子に恵まれず、本家一条家より兼純養子に迎えていたが、やがて実子の冬香輝久が誕生。兼純が早世したこともあって、冬香、輝久が当主となった。また、嗣子を亡くしたり、スキャンダルが起きたりなどで、再び当主の座に就く者も見られるが、何とか血脈が絶えることなく、皇室の男系子孫としては現在に至るまで続いている。これは、度々他家からの養子を迎えている本家の一条家とは異なり、途中養子を介していない。
醍醐家が明治維新までに輩出した公卿の数は 8名。うち太政大臣まで昇った者はなく、左大臣まで昇った者1名(2代冬熙)、右大臣まで昇った者1名(3代経胤)、内大臣まで昇った者1名(7・9代輝弘)、大納言まで昇った者3名(初代冬基、6代輝久、10代忠順)、中納言まで昇った者2名(4代兼純、5代冬香)である。

明治時代

明治維新時の当主、忠順は維新後、大阪府知事などを歴任し、明治17年(1884年)7月7日侯爵に列する。忠順の女、好子賀陽宮邦憲王
忠敬が、である格太郎射殺されるというスキャンダルが発生し、忠順が再度家督を継ぐという事態により一時没落。
この事件は、格太郎の父忠告が忠敬の兄であり共に庶子でありながら病弱を理由として家督相続されず病没。金銭に困窮し、また弟賢次郎華族待遇を受けられず軍夫として台湾に出兵し戦死したことによる度重なる恨みの末の犯行であった。犯行時には四条隆平男爵(醍醐輝久の孫で、一時、実兄隆謌の養子となる)が醍醐家を訪問しており格太郎を捕らえるも、忠敬が犠牲となり、その長女為子が重傷を負った。 忠敬の子忠重は後に公卿摂家の一条家に引き取られた。この時の一条家当主がこの人と思われる。
昭和の時代の当主・忠重は、海軍に入り海軍中将にまで進み、侍従武官第五潜水艦隊司令官、第六艦隊司令長官などを歴任するが、戦後戦犯に指定される。昭和22年(1947年)オランダ軍によって銃殺刑に処された。
忠順の子・醍醐忠直は、式部官、掌典次長などを務めた。

極官

近衛大将
左大臣

歴代当主

1:醍醐冬基一条昭良の次男、後陽成天皇の孫)大納言、母は西洞院時直の娘
2:醍醐冬熙(冬基の子、初名は冬実(ふゆざね)・昭尹(あきただ))左大臣、母は不明
3:醍醐経胤(冬熙の子、初名は兼潔(かねきよ))右大臣、母はお家(宗義真の娘)
4:醍醐兼純(実父は一条兼香、経胤の養子)中納言、母は家女房
5:醍醐冬香(経胤の子、義兄兼純の養子)中納言、母はお升(宗義誠の娘)
6:醍醐輝久(経胤の子、兄冬香の養子)大納言、母はお升(宗義誠の娘)
7、9:醍醐輝弘(輝久の子)内大臣、母は蜂須賀幸子蜂須賀重喜の娘)(一条輝良の養女)
8:醍醐忠善(輝弘の子、夭折)従五位下、
10、13:醍醐忠順(輝弘の子)大納言侯爵貴族院侯爵議員、母は鷹司辰子(鷹司政煕の娘)
11:醍醐忠告(忠順の長男、格太郎、賢次郎の父)母は家女房
12:醍醐忠敬(忠順の次男)母は家女房、甥の格太郎に殺された。
14:醍醐忠重(忠敬の子)母は不明、侯爵、貴族院侯爵議員、海軍中将
15:醍醐忠宜(忠重の長男)母は醍醐顕子(公爵毛利元昭の娘)
16:醍醐忠久(忠重の次男、兄忠宣の養子)母は醍醐顕子(公爵毛利元昭の娘)
17:醍醐忠紀(忠久の子)母は小保美子
次当主:醍醐忠明(忠紀の子)母は米山裕子

外部リンク

醍醐家 - Wikipedia
醍醐家(清華家) - Reichsarchiv ~世界帝王事典~

関連項目

朝廷 公家 清華家 侯爵 一条家 醍醐忠重 皇別摂家

コメント