ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

正親町天皇の玄孫忠幸王が始祖で臣籍降下をしての姓を賜られ源忠幸と名乗った。その後は尾張国名古屋城に住んだ。その後は公家となって大納言にまで昇った。忠幸には男子がいなかったことで久我家から養子を迎えたが家禄を1000石から500石に減らされた。広幡家は近衛家から偏諱を受けている、明治維新後は忠礼の代になって侯爵に叙爵。

広幡家の人物

氏名生年、誕生日続柄
1広幡忠幸寛永元年(1624年)八条宮智仁親王の第三王子
2広幡豊忠寛文6年6月26日(1666年7月27日久我通名の男子
3広幡忠誠不詳豊忠の男子
4広幡忠章不詳豊忠の男子
5広幡忠成不詳豊忠の男子
6広幡長成宝永8年4月4日(1711年5月21日豊忠の男子
7広幡前豊寛保2年2月20日(1742年3月26日長忠の男子
8広幡前秀宝暦12年12月2日(1763年1月15日前豊の男子
9広幡経豊安永8年6月25日(1779年8月7日前秀の男子
10広幡基豊寛政12年4月22日(1800年5月15日経豊の男子
11広幡忠礼文政7年6月28日(1824年7月24日)基豊の男子
12広幡忠朝万延元年11月9日(1860年12月20日忠礼の男子
13広幡忠隆1884年(明治17年)12月11日忠朝の男子
14広幡増彌1903年(明治36年)伊藤安吉の男子
15広幡忠恒1937年(昭和12年)増彌の男子
16広幡幸子1968年(昭和43年)忠恒の女子


関連項目

朝廷 公家 堂上家 正親町源氏 清華家 桂宮 近衛家 久我家 侯爵

関連記事

親記事

清華家 せいがけ

子記事

兄弟記事

コメント