ピクシブ百科事典

広幡前秀

ひろはたさきひで

広幡前秀とは江戸時代中期から後期の公卿。
目次[非表示]

概要

広幡前豊の男子、母は賢子女王(伏見宮貞建親王の王女)、関白近衛内前の猶子。
官位は正二位、権大納言、初名は前基。

プロフィール

時代江戸時代中期-後期
生誕宝暦12年12月2日(1763年1月15日
死没文化5年6月19日(1808年7月12日
官位正二位、権大納言
主君後桃園天皇光格天皇
氏族広幡家
父母父:広幡前豊、母:賢子女王、猶父:近衛内前
兄弟前秀三条西延季室、綾小路俊資
稲葉正諶の娘
経豊綾小路俊資室


経歴

安永3年(1774年)に従五位下・従五位上・侍従となり安永7年(1778年)に従三位、権中納言となる。天明2年(1782年)に従二位、天明6年(1786年)に正二位に進み寛政元年(1789年)に権大納言に就任した。文化6年(1809年)に死去。

外部リンク

広幡前秀 - Wikipedia

関連タグ

朝廷 公卿 広幡家 近衛家

関連記事

親記事

広幡家 ひろはたけ

兄弟記事

コメント