ピクシブ百科事典

広幡忠幸

ひろはたただゆき

広幡忠幸とは江戸時代前期の公卿、広幡家の祖。
目次[非表示]

概要

八条宮智仁親王の王子、母は京極常子、皇族時代は忠幸王、その後臣籍降下をして源忠幸、広幡家を創始。

プロフィール

時代江戸時代前期
生誕寛永元年(1624年)
死没寛文9年閏10月16日(1669年12月9日
改名忠幸王→源忠幸→広幡忠幸
官位正三位、権大納言
主君霊元天皇
氏族広幡家
父母父:八条宮智仁親王、母:京極常子
正室:京姫(徳川義直の娘)
子女新君、定姫、智姫、園姫、清姫、養子:豊忠


経歴

正親町天皇の曾孫でその後尾張藩徳川義直の娘京姫と婚約、慶安3年(1650年)に元服、その後京都を出発する。2月13日に名古屋に到着し、名古屋城に住む、1663年(寛文3年)に霊元天皇から臣籍降下をしの姓を贈られ、源忠幸と名乗る。同年に広幡の家号を与えられた。その後権中納言権大納言に就任した。

外部リンク

広幡忠幸 - Wikipedia

関連タグ

朝廷 公家 正親町源氏 広幡家 皇族 徳川義直

関連記事

親記事

広幡家 ひろはたけ

コメント