ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

広幡長忠の男子、母は家女房(一説には醍醐冬熙の娘)、関白近衛内前の猶子。
官位は従一位、内大臣、初名は輔忠。

プロフィール

時代江戸時代中期
生誕寛保2年2月20日(1742年3月26日
死没天明3年12月19日(1784年1月11日
官位従一位、内大臣
主君桜町天皇桃園天皇後桜町天皇後桃園天皇
氏族広幡家
父母父:広幡長忠、母:家女房、猶父:近衛内前
兄弟前豊信通西園寺賞季室、観心院
賢子女王(伏見宮貞建親王の王女)
前秀三条西延季室、綾小路俊資


経歴

延享2年(1745年)従五位下、宝暦3年(1754年)に従三位となる。宝暦6年(1756年)に権中納言、宝暦10年(1760年)に権大納言に就任。安永4年(1776年)に内大臣。天明元年(1781年)に従一位となった。

外部リンク

広幡前豊 - Wikipedia

関連タグ

朝廷 公卿 広幡家 近衛内前

関連記事

親記事

広幡家 ひろはたけ

兄弟記事

コメント