ピクシブ百科事典

野口冬長

のぐちふゆなが

野口冬長とは、戦国時代の武将で、阿波守護代三好氏の一族。生没年不詳。中央を席巻した三好長慶の末弟だが、間違いなく家中で一番地味な人。

概要

山城守護代・三好元長の子として生まれる。兄に三好長慶三好義賢安宅冬康十河一存がいる。所謂『三好四兄弟』の五番目。淡路松本城主。子に野口長助。
淡路水軍の有力氏族である管氏の末裔・野口氏に入嗣。野口肥前守則守(詳細不明)の養子となる。同じく淡路水軍の安宅氏に入嗣した冬康や、讃岐の十河氏に入嗣した一存と合わせて、三好氏の支配域拡大に貢献する。

兄弟が次々に没し、織田信長の上洛によって三好家が没落すると織田家の重臣原田(塙)備中守直正の養子となったらしい。しかし直正が天正四年に天王寺合戦で討ち死にすると、対本願寺戦線の総大将が真っ先に討ち死にするという失態に激怒した信長によって、冬長を含めた原田一族は領地召し上げの上に追放の処分の憂き目にあってしまった。

以後は武士を捨てて摂津国梨井村に居住し、その系譜は庄屋として続いたという。

とにかく資料が少ないため、どんな人物で、どういった功績を残したのかがほぼ分からない。おまけに兄たちがそれぞれ異なる個性と才能の持ち主だったことが、より地味さに拍車をかけてしまっている。三好氏を題材にした軍紀『南海治乱記』では、三好氏の兄弟をそれぞれ、天下を取る器(長慶)、謀将(義賢)、勇将(一存)、仁将(冬康)と讃えているが、冬長は完全にスルーされている。その最期も不明で、印象的、もしくは謎をはらんだ死を遂げた兄たちと違い、いつ、どこで、どのようにして死んだか正確な史料が残っていない。長慶の晩年、松永久秀が長慶の様態を報告する手紙を冬長宛に送っているので、少なくともその頃までは活動していたと思われる。
なお、『信長公記』に天正4年の本願寺との戦で、摂津の住人・野口某という人物が織田方として水軍に参加し、本願寺方の毛利水軍との木津川口で戦い敗死したという記述があるが、冬長との関連は不明。

コメント