ピクシブ百科事典

小少将(四国勢)

こしょうしょう

細川真之の母・小少将は、美女であったといわれる、自身の判断で世を渡り歩いた悪女で烈女で権力に寄り添ってたって経歴であったといわれている。
目次[非表示]

細川持隆の側室

小少将というのは、当時割りとポピュラーな名前であり、同名の人物は意外と多く存在する。その中でも特に著名なのが細川持隆の妻となった人物である。
三好義賢の家臣・岡本牧西娘(生没年不詳)。

三好家の主君で阿波守護の細川持隆(管領・細川晴元の従弟)の目に止まり、側室として細川真之を出産。その持隆が三好家に謀殺されると、三好義賢と再婚。三好長治十河存保の二人の息子をもうける。義賢の死後は、三好家重鎮・篠原長房の弟・自遁に嫁ぎ、その自遁が長宗我部家に敗れ、落ち延びた淡路で没した後の足跡は不明。
彼女の子供たちは互いに争っており、長治真之に討たれ、その真之存保に自害に追い込まれる。そして存保も、後に帰順した豊臣方で参戦した戸次川の戦いで戦死している。一説には、小少将は実は真之長治を仲裁しようとして殺害されたとされる。

戦国時代とはいえ、周囲に争いの絶えない中、多くの家を自らの意思で渡り歩いた人物。美貌と強靭な意思の持ち主と伝わるため、彼女を「傾国の美女」もしくは「烈女」、時には「悪女」とすら見る向きもある。

長宗我部元親の側室

小少将(長宗我部家)


長元物語(長元記)によるならば一男右近大夫(元親の五男)と一女小宰相あり。詳しい出生は不明だが、秀吉に敗れて死んだ明智光秀の姪との説がある(長宗我部家と明智家は割と近い縁戚関係があり、織田信長の生前は光秀が元親との交渉を受け持つなど両家は一定の交流があった)。
前述の細川持隆妻と同一視する説もあるが、年齢的にかなり無理がある(彼女はどう少なく見積もってもこの時4,50代)ので憶測の域を出ない。

創作物上の扱い

戦国無双シリーズ

小少将(戦国無双)


朝倉義景の側室

詳しくは此方→小少将

関連タグ

戦国時代 細川持隆 三好義賢 長宗我部元親

関連記事

親記事

四国勢 しこくぜい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小少将(四国勢)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5385

コメント