ピクシブ百科事典

金山たぐり

ろりこんめがみ

金山たぐりとは、『つぐもも』に登場するキャラクター(メイン画像後方)。
目次[非表示]

「くくりちゃんからいただきます!」

CV:M・A・O

概要

金羅神社に住まう祭神『金山毘売神(かなやまびめのかみ)』。
神経衰弱を行い、揃えた金額分の金を貸してくれる。
しかしその実態は…。

人物

糸目で笑みを絶やさず一見温厚そうな女性だが、その素顔は病的なまでのロリコン。社の中には「絶対少女」の掛け軸が掲げられている。加えて自身の性癖を一切隠さず前に出す超肉食型であり、少女(幼女)を見るその視線は欲望むき出しである。

金を貸す前に金額を決める神経衰弱を行うのが通例なのだがその内容が特殊で、
・使用するのはたぐりが用意した金属製の札
・金額が書かれた札を揃えるとその金額ぶん借金することが出来る。
・札の中にはたぐりの趣味全開の罰ゲームが書かれた札が(大量に)紛れ込んでおり、たぐりがこれを揃えると問答無用でえげつないセクハラが待っている。

くくりには以前から金貸しを行っており、そのたびに卑猥な要求をぶつけ彼女にトラウマを刻んでいる。
しかも金貸しの条件が「ゲーム内容の口外禁止」であり、その結果後日同行した桐葉も餌食となってしまった。

初登場回では、登場してわずか10ページ後にくくりに熱烈なディープキスをかます。アニメ版では桐葉もポッキーゲームの体で唇を奪われてしまった。
その後も終始たぐりが優勢でゲームが進み、最終的にくくり&桐葉が起死回生の一手を打つもルール違反で自滅。結局二人は一話の内にお嫁に行けなくなるほどの凌辱を受けることとなった。

しかしそんな苦労も黒耀の底なしの食欲には焼け石に水。くくりは彼女のもとに定期的に通わざるを得ず、彼女の溢れる性欲をぶつけられている。

能力

金属に通じる神で前述の札についた僅かな傷や汚れも見逃さない。
戦闘の際は『金剛角』と呼ばれる金属製の六角柱や古銭を攻防に使用する。

主な技

  • 金剛鎚(こんごうつい)

金剛角をぶつける。

  • 鉄穴流(かんなながし)
金剛角をビーム砲に変形させ砲撃する大技。
その一撃は長い時を経たつぐもも2人を全力の防御ごと吹き飛ばす程に強力。
余談だが、初めてこの技を使った時は相手がくくりを狙っていたためかなりキレており自分が破壊(=殺)したつぐももの残骸を踏みつけながら普段閉じている目を開け冷酷な笑みを浮かべていた。

関連人物

被害者その1。お気に入りのロリ神様。

くくりの従者。くくりが借金から逃れられない一因。
被害者その2。本来なら守備範囲外でたぐりの趣味も知らなかったがよりにもよって幼女化している時にたぐりの下を訪ねたのが運の尽き。
神経衰弱で幼女2人が蹂躙される現場に居合わせた。
とある理由で一也が動けなくなった時は躊躇なく一緒の風呂に入った。男子中学生そっちのけでくくりを撮るために。

関連タグ

つぐもも

糸目ロリコン歩く18禁残念な美人

関連記事

親記事

つぐもも つぐもも

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「金山たぐり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91938

コメント