ピクシブ百科事典

雉も鳴かずば撃たれまい

きじもなかずばうたれまい

ことわざの一つ。言わなければ避けれた災難なのに……
目次[非表示]

意味

黙って隠れていればキジ猟師に撃たれることもなかったという表現から転じ、別に言わなくても良いことを言ったばかりに災難を被るという意のことわざ

英語圏ではQuietness is best, as the fox said when he bit the cook's head off.と表現する。
意味としては静かにしているのが一番良いと雄鶏の頭を噛み切ったキツネが言ったというもの。

類義語

  • 蛙は口から呑まれる・蛙は口ゆえ蛇に呑まるる
  • 口は善悪の門
  • 口は災いの元
  • 三寸の舌に五尺の身を亡ぼす
  • 舌は禍の根
  • 物言えば唇寒し秋の風
  • 病は口より入り災いは口より出ず
  • 藪を突いて蛇を出すヤブヘビ


用例

  • 例の炎上騒ぎ、最初は誰もが炎上させられた人に原因があると思ってたんだけど、本当はその人に非が無く、別の人が「彼奴を貶めるために炎上ネタを捏ち上げた」と酔った勢いで喋っちゃったんだよね。それで炎上ネタをでっち上げた奴は会社をクビになって居場所を失ったって。雉も鳴かずば撃たれまいと言うのに。全く馬鹿な話だよ。


その他

まんが日本昔ばなしに『キジも鳴かずば』という話がある。

母を亡くして父と二人暮らしの娘・千代が重い病にかかり、父は臥せった千代に欲しいものを尋ねると千代は「赤いまんま(赤飯)を食べたい」と希った。しばらくすると、父は自分たちでは高尚で手の出ないはずの小豆を手に入れ、娘に赤飯を振る舞った。そのおかげか、千代はすっかり元気になった。
千代は父に黙っていろと言われたにもかかわらず、嬉しさのあまりこっそり赤飯を食べたことを手毬唄にして口ずさんだ。

するとしばらくして、役人が娘の父をひっ捕らえ、川の氾濫で壊れた橋の再建のため父は罪人として人柱にされて川底に埋められてしまった
父は貧乏から小豆を買えず、庄屋の蔵から小豆を盗み、それを赤飯にして娘に与えていた。
自分が浮かれて手毬唄にしてしまったせいで、父は咎を暴かれ死んでしまった。千代はそれを深く後悔した。

やがて何年も経ったある日――。
山で猟師が雉を見つけて撃ち落とした。
すると雉の落ちた場に若い女が現れ、撃たれた雉を抱きながら「雉よ、お前も鳴かねば撃たれず済んだものを……」と悲しげにつぶやき、雉を置いてその場を去ったという。

関連記事

親記事

口は災いの元 くちはわざわいのもと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「雉も鳴かずば撃たれまい」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194157

コメント