ピクシブ百科事典

青手

あおて

漫画『弱虫ペダル』に登場する青八木一×手嶋純太のBLカップリング
目次[非表示]

腐ペダもしくは腐向けタグを忘れずに。
以下、記事内容にネタバレを含みます。

概要

漫画『弱虫ペダル』の青八木一×手嶋純太BLカップリング。

共に総北高校に通う二年生(二年生編からは坂道らの1学年先輩として三年生に進級)で、青八木は、片目が隠れるほど前髪が長い茶髪(原作では後に金髪)で、ジト目気味である。無口でほとんど喋らない。手嶋は、やや長髪のパーマ頭が特徴である。自転車の才能はいまひとつだが、頭のよく回る策士なところがある。
長らく脚質が不明であったが、一年目インターハイ後はそれぞれポジションが分かれ、青八木はスプリンター、手嶋はクライマーとなり各々敵校らと二年目インターハイでリザルトを争う。

お互い名字で呼び合っていたが、手嶋が次代主将・青八木が副主将に任命されてからは青八木は「純太」と名前で呼ぶようになった。手嶋も二年目インターハイ中の二人にとって重要な場面で何度か「一」と呼んでいる。

チーム2人として三年間共に支え合い走ってきた2人の絆の深さは作中で幾度となく描かれている。
話下手で内気な性格のため中学まで一人で過ごしてきた青八木にとって、初めての親友である手嶋への思いは強く、「純太がビジョンを見せてくれるからまっすぐ進める」「純太が明るく笑ってくれるから心が救われる」と独白している。
一方の手嶋も、青八木との出会いが諦めようとしていたロードを再び志すきっかけとなっており、以降窮地に陥るたびに助けてくれる青八木の存在を何よりも心強く思っている。





「本っ当 助かったよ 青八木」
「………」
「おまえが もしいなかったらと思うと――」
「心配するな。前にも言った。オレはいつも側にいる」


関連イラスト

ペダルつめ09
青手つめつめ6


センシティブな作品
【WEB再録】同棲青手本



関連タグ

腐向け 腐ペダ T2 チーム2人
青八木一 手嶋純太

関連記事

親記事

腐ペダ ふぺだ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「青手」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14461993

コメント