ピクシブ百科事典

黄信

こうしん

「水滸伝」に登場する第38位地煞星の好漢。あだ名は「鎮三山」。

概要

梁山泊第三十八位の好漢で、地煞星の生まれ変わり。

青州の清風山・二竜山・桃花山を根城にしていた山賊全てを鎮圧すると豪語した事から鎮三山(ちんさんざん)のあだ名で呼ばれた。が、結局のところ自身の手による鎮圧は達成していない。

青州清風塞の武官トップの地位にあった花栄が、殺人を犯して逃亡中の宋江を匿っている事を知った劉高に派遣され、花栄と宋江を捕える事に成功するも、護送途中に燕順王英鄭天寿の襲撃をうけて敗走し、宋江と花栄を燕順一味に奪還されてしまう。その後、上司の秦明と共に縁あって宋江や花栄の仲間となり、宋江の手引きで梁山泊入りを果たす。

梁山泊入り後は目立った活躍は少なく、

  • 祝家荘戦では、迷路にはまって囚われの身になってしまう。
  • 呼延灼が梁山泊を攻めた際に、戦闘中に負傷してしまい、自らが鎮めてみせると豪語した三山が梁山泊入りする事になる青州戦に参加できなかった。
と、やられ役扱いとなり、さらに、入山直後は第八位と言う阮兄弟よりも上に位置し、戴宗李俊より上に位置していた時期もあったにもかかわらず、仲間が増えて序列が変更されるにしたがって下がって行き、最終的には石版のせいで、第三十八位にまで落ちている。

その後、地の星の中では騎兵トップ集団である小彪将兼斥候に選ばれ、王慶戦で首級を挙げる等の活躍もあったが、地味で目立たない状態は続いた。しかし地味で目立たなかったがゆえか方臘との戦いにおいて戦死や病死を免れて無事帰還し、青州兵馬総管となった。が、その後どうなったかは一切語られない(天寿を全うしたかも解らない)。

なお、横山光輝の漫画版「水滸伝」では、偽者の策略により妻子を殺される等、原作では秦明の役回りなところを任されている。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「黄信」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21944

コメント