ピクシブ百科事典

FM東京の歌

えふえむとうきょうのうた

「FM東京の歌」とはタイマーズがやってのけた伝説の放送事故である。
目次[非表示]

一体何があったのか?

時は1989年10月13日のフジテレビの音楽番組「夜のヒットスタジオR&N」でタイマーズが出演した際、メドレーの二曲目「偽善者」でそれは起こった。なんと歌われたのは本来の「偽善者」ではなく、FM東京(TOKYOFM)を徹底的に罵倒するとんでもない歌だったのだ。(偽善者のメロディーをアレンジしているが曲と歌詞自体は全くの別物と言っていい。しかも替え歌ではない)
本来の「偽善者」は「1、2、3、4」の後に「偽善者偽善者~」といきなり歌唱に入るものなのだが、この時はカウントの後にそれが無かった事が違和感となっていたのである。

ちなみにコレ、テロップでは本来の曲名「偽善者」表記だったがこの曲自体明確には正式なタイトルは無い。

「汚ねえラジオ」「腐ったラジオ」「最低のラジオ」「バカのラジオ」「コソコソすんじゃねえ!」「政治家の手先」「何でも勝手に放送禁止さ」の罵倒のオンパレードはまだしも極めつけは「お○んこ野郎FM東京」放送禁止用語を堂々と歌い上げる荒業をやってのけたのである。

背景にはタイマーズの楽曲等がFM東京で放送禁止にされた事にあった。それを生放送かつ罵倒と放送禁止用語で報復した形になる。しかも止める事なく放送したフジテレビもある意味確信犯である(生放送故に突然の変更でどうやって止めるかも不可能だったともされる)。当時の司会者であった古舘伊知郎は「リハーサルでやけにフルタチイチローと連呼するのがあって問いただしたけど「大丈夫大丈夫!古舘さん、やらかしませんよ」と言ってたものの、これは何かやらかすんじゃないかと不安になっていたが、まさか本当にやらかすと思わなかった」との事。事実彼は本番中はこのハプニングに呆然としてしまっていた。当然、古舘は演奏後にお詫びのコメントで謝罪する羽目になった。また、同じレコード会社に所属していた松任谷由実も、同時期に発売されたアルバムのPRがFM東京で禁止されてしまうとばっちりを喰らってしまい、罪の無いユーミンがとんでもないもらい事故を受けるハメになってしまった
後年、フジテレビの音楽番組特集でこの「FM東京の歌」騒動について振り返ってこの思い出を語った時はこれだけは忘れられない事件だったと語った。(一応、当時の映像は流されたが該当の部分はさすがに流せなかった)

実は「R&N」が初めてではなく、これよりも前に北海道で行われたフェスで歌われたものだったらしい。また、エースコックを揶揄したバージョンもある。

後にNHKの音楽番組「バンドスタンド」ではこれをさらにネタにした「バンドスタンドの歌」で「おちんこ野郎」と言ってのけた(ちんこは放送禁止用語ではない為らしい)。しかし「バンドスタンドの歌」そのものは「謹賀新年!」とか「正月早々迷惑してるぜNHK!」とややツンデレ気味だったが、その次のオチとなった歌がとんでもないものであり、NHKでは「企業名や商品名を(原則)出してはいけない」ルールに対して「明星即席ラーメンの歌」を歌い上げる事をやらかしているが、こちらはハプニングではなくやや予定調和な演出(始末書持参)でまだ可愛げのあるイタズラのようなものであった。

ゼリー「何?NHKで企業名を言うとまずい?…俺、そんな事言った?…じゃ、もっかい歌ってみようか?…せーの、明星即席ラーメン♪パパと一緒に食べたいな~グラッチェグラッチェ!(ここでステージの中継が切れる)」

関連映像

さすがにはばかられるので「タイマーズ FM東京」で検索する事をオススメする。

関連項目

忌野清志郎 放送禁止用語 放送事故 確信犯 どうしてこうなった

関連記事

親記事

放送事故 ほうそうじこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「FM東京の歌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 982

コメント