ピクシブ百科事典

La-7

らーすぃえーみ

第二次世界大戦時ソ連のラボーチキン設計局が開発した、単発単葉で空冷エンジンを搭載する戦闘機である。
目次[非表示]

La-5の後継機

ラボーチキンLa-5の1944年型として改良が施されたものがLa-7と新たにナンバリングされ、生産が始まった。
1944年5月に量産を開始し、11月までにLa-5の生産ラインは完全にLa-7に切替わった。第二次世界大戦の終了までに5,735機が製造された。

La-5はカウル周り以外全木製だったが、La-7では主翼が全金属製となって軽量化され、オイルクーラーのインテークが機首下面から胴体中央後方に移動され、空力的な洗練が図られた。
発動機はLa-5FNと同じシュベツォフ ASh-82FNで、機首にShVAK20mm機関砲2門(もしくはベレジンB-20 20mm機関砲3門)を搭載。

性能諸元

全長8.67m
翼幅9.80m
空虚重量2,605kg
エンジンシュベツォフASh-82FN 空冷2重星型14気筒×1
最大出力1,850馬力
最高速度680km/h
航続距離635km
実用上昇限度10,450m
上昇率1,111m/min
乗員1
固定武装ShVAK 20mm機関砲×2
爆装爆弾200kg


関連タグ

ソ連 赤軍 独ソ戦 大祖国戦争 戦闘機 レシプロ戦闘機
ラボーチキン LaGG-3 La-5

pixivに投稿された作品 pixivで「La-7」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1712

コメント