ピクシブ百科事典

M1897

えむいちはちきゅうなな

M1897とは、ウィンチェスター・リピーティングアームズ社が開発したショットガン。 正式名称「ウィンチェスターM1897」
目次[非表示]

概要

今日まで、連発式ショットガンの作動メカリズムの代名詞ともなっているポンプアクションを、ブローニングによって開発された時、この特許を購入したウィンチェスター社は、まずM1893を発売する。そして、M1893を小改良を加えて誕生したのが、M1897であり民間市場で大好評を得る。
アメリカ軍では、以前から警備や食糧調達にショットガンを活用していたが、それまでの単発銃や水平二連銃よりも効果的な連発式のM1897が登場するとすぐに制式化された。補助兵器的な扱いを受けていたショットガンは、第一次世界大戦で白兵戦兵器として極めて有効であると実証された。
同大戦では、敵の塹壕に飛び込んで乱射しまくる制圧火器として、サブマシンガンと並んで優れた効果を発揮したため、M1897は「トレンチガン(塹壕戦銃)」の愛称が付けられた。そのためドイツ軍から恐れられ、ドイツ側から「ショットガン使用はハーグ国際条約に反する」とクレームをつけられるぐらい衝撃的であったのである。
またこのショットガンにはバネヨットラグが付いており銃剣が装着できる。

基本データ

全長990mm
銃身長508mm
重量3600g
使用弾薬12ゲージ
装弾数5発


関連イラスト

幽香りん



関連タグ

ショットガン アメリカ軍

pixivに投稿された作品 pixivで「M1897」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30418

コメント