ピクシブ百科事典

M1887

もでるえいてぃーんえいてぃーせぶん

M1887とは、ウィンチェスター社が1887年に発表したレバーアクション式ショットガン。
目次[非表示]

概要

 ウィンチェスター社がそれまで製造・販売してきたレバーアクションライフルをベースに10ゲージ・12ゲージ用ショットガンとして開発したのがM1887である。設計を担当したのは銃器デザイナーとして有名なジョン・モーゼス・ブローニングである。
 本銃が開発された当時、連発が可能なショットガンは他にほとんど存在しなかったため郵便配達夫などが辺境での護身用として愛用したといわれる。
 M1887は黒色火薬装弾を用いることを前提に設計されたが、後により強力な無煙火薬装弾が普及するとこれに対応した改良が加えられたM1901(10ゲージのみ)が開発された。
 なお、設計を担当したジョン・ブローニング自身はスライドアクション(ポンプアクション)式の方がより優れていると考えていたが、ブランドイメージを損なうことを恐れたウィンチェスター社上層部の判断をいれレバーアクションメカを取り入れたという経緯がある。
 その後、レバーアクション式のショットガンのサクセサー(後継機)が登場しなかったことを考えると、ブローニングの意見の方が正しかったと見るべきであろう。

性能諸元

全長1251mm
銃身長762mm
重量4000g
使用弾薬12/10ゲージ
装弾数5発


ソードオフとガンスピン

M1887ショットガン


この銃が有名なのは西部劇の作品よりターミネーター2だろう。
劇中に登場したソードオフモデルと迫力あるリロードテクニックは映画を観た人々に強い衝撃を与えた。
ちなみにこのガンスピンを利用したリロードテクニックは西部劇俳優として有名なジョン・ウェインが得意としていたもので、ジェームズ・キャメロン監督がある種のオマージュとして取り入れたものであろう。

pixivに投稿された作品 pixivで「M1887」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108565

コメント