ピクシブ百科事典

M950A

えむきゅーこーぜろえー

アメリカのキャリコ・ライト・ウェポン社が開発したサブマシンガン
目次[非表示]

概要

アメリカのキャリコ・ライト・ウェポン社が開発したサブマシンガンで、特徴は銃上方に配置された50発という大容量のマガジン、これにより他のサブマシンガンより強力な火力を誇る。

元々は22口径のM100がというライフルであったが、拳銃弾で一般的な9mmパラベラム弾モデルのM900シリーズが登場する。

M950はピストルサイズのモデルで、M950Aはフルオート射撃が可能なモデルである。

1994年のアサルトウエポン規制法のあおりを受け生産中止になり、ヘリカルマガジンの扱いづらさもあってやはり商業的には失敗してしまう。

メディア作品での登場

50発という弾数から映画やアニメ・ゲームでは一時人気であった。
ゲームバイオハザード_CODE:VeronicaではM100のピストルモデルが登場、
小説・アニメFate/Zeroでは衛宮切嗣久宇舞弥が使用している。

関連タグ

PP-19

pixivに投稿された作品 pixivで「M950A」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 760089

コメント