ピクシブ百科事典

Vz61

ゔぃぜーとしぇでさーといぇどな

「チェコ兵器廠国営会社」が開発し、1961年にチェコ=スロバキア共和国軍に制式採用された小型の短機関銃「Samopal vzor 61」のこと。愛称は「スコーピオン」
目次[非表示]

概要

チェコ兵器廠国営会社」は戦車兵や軍用車運転手等の自衛用にサブマシンガン「Vz61」を開発し、1961年にチェコスロバキア共和国軍に制式採用された。
フルオート射撃での安定性を確保するため、対人用として最低限の威力の.32ACP弾を使用し、射撃サイクルの微調整機構「レートレデューサー」が組み込まれている。大型拳銃程度の重量で、片手でバースト射撃ができるほど反動は少ない。マガジンは堅固に固定され、フルオート射撃時にフォアグリップ代わりに握り込むことができる。
愛称の「スコーピオン」は、付属するストック(銃床)がまるでの尾のように後ろから跳ね上がり、銃口部分を覆う形で折りたたまれる姿から。

兄弟モデルとして、.380ACP弾モデルのVz.64Vz.839×18mmマカロフ弾モデルのVz.65Vz.829mmパラベラム弾モデルのVz.68がある。
後継モデルとして、9mmパラベラム弾を使用するスコーピオンEVO3が発売されている。

小さくて隠し持つことが容易なため、スパイ特殊部隊の他、テロリストにも使用された。しかし使用弾の威力が弱い為、最近は特殊部隊で使用されることもほとんどなくなった。

諸元

全長270/517mm
銃身長112mm
重量1300g
弾薬7.65×17mm(.32ACP弾)
装弾数10/20発


関連イラスト

0℃
チェコスロバキア軍 de スコーピオン



関連タグ

チェコスロバキア サブマシンガン

ハプルボッカモンスターハンターシリーズのモンスター。素材から作成される弓がこのVz61をモデルとしている(名前も「スコルピオダート」とスコーピオンを意識していることが伺える)。

pixivに投稿された作品 pixivで「Vz61」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148676

コメント