ピクシブ百科事典

MS01

えむえすぜろわん

光岡自動車がかつて生産していたスポーツカーのこと。

概要
ゼロワンは、1994年に光岡の生産車第2号車として発売された。 ユーノス・ロードスターのエンジン・トランスミッション等を流用し作られている。 発売当初の1.6L(B6)エンジン車は型式が「組立車」であったが、ロードスターの仕様変更に合わせて1.8L(BP)エンジンを搭載することになった。このエンジンを搭載した 車は1996年に運輸省の型式認定(E-MS01型)を受け、光岡自動車は晴れて10番目の国産乗用車メーカーとして認可された。
スタイリングはロータス・スーパーセブンを連想させる、ロングノーズ&ショートデッキのフルオープン2シーターの所謂「ニア・セブン」だが、ボディサイズは本家よりも大型である。
サスペンションは前後ともダブルウイッシュボーン式、フレームにはクラッシャブル構造を採用する、エアコンが装着可能など、時代に合わせた本家と異なる改良も見られる。サスペンションとフレームはゼロワン用に設計されたもの。
ラインナップは、基本モデルのベースグレードと、発展モデルのクラシックタイプFの2種類。クラシックタイプFは、1940年代風のフルオープンスポーツカーを髣髴させるような、FRP製カウルを装着している。
歴史
1994年1月 ゼロワン発売。エンジンは1.6LのB6-ZE型を搭載。
1996年5月 エンジンをB6-ZE型からBP-ZE型に変更。排気量も1.6L→1.8Lへ。
1996年6月 ラインナップに「クラシックタイプF」を追加。
1996年 運輸省の型式認定を受け、光岡自動車は10番目の国産乗用車メーカーとして認可された。
1997年度 クラシックタイプF、グッドデザイン賞(商品デザイン部門)を受賞。(受賞番号:97M0743)
2000年7月 運輸省の側面衝突試験に適合しなかったことから、生産を終了した。総生産台数は2車種合わせて約350台程だという(メーカー発表)。

コメント