ピクシブ百科事典

ラ・セード

らせーど

光岡自動車が発売していたクラシック風クーペ。
目次[非表示]

概要

アメリカのティファニークラシックをモデルに、シルビアをベースとした2ドアのクラシカルクーペである。
初代ラ・セードがS13ベースで、2代目ラ・セードがS15ベース。エンジンは自然吸気のみで、ミッションも4速オートマのみ。

全長は初代、2代目とも5メートルを超えており、ホイールベースも3メートル以上。
加えてボンネットも長いため、慣れないとまともに運転できないだろう。
ちなみに、シルビア比で実におよそ70㎝全長が伸び、ホイールベースは1m近くも伸びている。

それにしても「シルビアの面影はどこだ」と言いたくなる見た目だが、内装は思いっきりシルビアである。
一応、ウィンドウの形状やドアミラーなどにシルビアの面影があるが、これだけでシルビアがベースと判別できる人はまずいないだろう。

ちなみに、ティファニークラシックにあったエキマニもスペアタイヤのカバーもただの飾りで、中にはバッテリーとかが入っているらしい。
ただし、グリル前についている4連ホーンは本物。

モデル

初代

1996年に500台限定で発売。
恐らく中古のS13をベースに制作されている。
理由は、搭載エンジンがCA18DE、つまりS13初期型の自然吸気エンジンだからだ。

発売直後からかなり話題になり、2001年に完売した。

2代目

まだ初代が完売する前の2000年に100台限定で販売。こちらはS15がベースなので、エンジンもSR20DEである。
光岡の公式ページでは、初代と区別するために「ニューラ・セード」と表記されている。
2004年には本革を用いた内装の限定モデルも販売し、同年に生産終了。
ちなみに、第35回東京モーターショーではコンバーチブル仕様を参考出品している。

関連タグ

光岡自動車
シルビア‐ベース車

pixivに投稿された作品 pixivで「ラ・セード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 640

コメント