ピクシブ百科事典

RP2A03

りこーにいえーぜろさん

ファミリーコンピュータ(ファミコン)に搭載されたCPU。
目次[非表示]

概要

RP2A03("りこーにいえーぜろさん"、または"あーるぴーにいえーぜろさん")とは、ファミリーコンピュータファミコン)に搭載されていたCPUである。

特徴

モステクノロジー6502をベースに、サウンド機能などを内部に搭載した8ビットCPU。開発はリコー。1.79MHZで動作し、波形メモリー音源3音、ノイズ1音、DPCM1音のサウンドを演奏することができる。

なぜ6502か

ファミコンが設計されていた1980年代初期の一般的な8ビットコンピュータは、Z80というチップをのせていることが多かった。大量に使われているチップなのでこれを採用すればゲーム設計がらくで、コストも安くなるはずである。しかしファミコンはあえてマイナーな6502を選んだ。理由は

  • マイナーなのでコピーされにくい
  • CPU内部にサウンド機能を組み込めるのでコストがより下がる
  • ファミコン用にカスタムしたGPUと相性がよい
とのことである。

別名・表記ゆれ

2A03

関連タグ

ファミリーコンピュータ 6502

pixivに投稿された作品 pixivで「RP2A03」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント